サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

九尾の猫(ハヤカワ・ミステリ文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

九尾の猫 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 エラリイ・クイーン (著),大庭 忠男 (訳)

九尾の猫 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

778(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

九尾の猫

594(税込)

九尾の猫

ポイント :5pt / 紙の本より184おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.9

評価内訳

超・サイコスリラー

2005/10/15 05:59

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu-I - この投稿者のレビュー一覧を見る

本格ミステリの巨匠として名高いエラリイ・クイーンの作品の中でいちばん好きなものは?と問われたら、筆者は迷うことなくこの作品を挙げる。
無差別殺人としか思えない連続絞殺事件が起こり、ニューヨークは恐怖に震え上がった。動機もわからない、目撃者もいない、容疑者もいつまでたっても不在…。警察が右往左往しているあいだにも被害者の数は増えてゆき、市民はじょじょにパニックに陥ってゆく。
容疑者不在、というこの設定は、クイーンの作品及びその流れにつらなる作品の中では異色であろう。本格ミステリというジャンルの特性上、捜査の糸口すら見つからないような設定は困難だ。
しかし、さすがはクイーン、である。
次々に被害者が増えてゆく状況の中、まったく姿を見せない殺人鬼をエラリイが論理的に追い詰めてゆく、その過程はものすごくスリリング。サイコスリラーのような雰囲気ただよう作品であるが、やはりあくまでも本格。一見無差別にみえる事件の犯人を絞り込んでゆくロジックの見事さには、目を見張るものがある。
また、この作品で印象深いのは推理の部分だけではない。
クイーンの作品というと非常にロジカルで、パズル的で、エラリイも探偵という役割を担った一つのコマのようにあつかわれていた感がある。
しかし中期以降の作品になると、エラリイは血肉をそなえはじめ、人間として苦悩しはじめている。
犯人を捜し出し糾弾する自分は何様なのだ、自分は神ではないのに、という苦悩である。
ここでいう「神」とはキリスト教国でいう「神」であるから、その重さは日本人にははかりがたいものがあるだろう。しかし、エラリイの苦悩はぶつかるべくしてぶつかったもので、日本人にも理解できるものだと思う。
エラリイが悩み、さまよう過程がもっとも顕著にあらわれているのが本書だ。読者にはサスペンスフルな物語を楽しむと同時に、名探偵がどのような苦悩をかかえながら犯人を追い求めているのか、国内本格ミステリ全盛のいま、その目で確かめてもらいたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

猫とニューヨーク

2015/03/09 20:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭からショートパンツ一枚で登場するエラリイに度肝を抜かれました。
真夏ですし家の中ですからいいんですけど、ニューヨークの夏って暑いんですね。

連続殺人鬼に関する報道の沸騰とか、ニューヨーク市長から特別捜査官に任命されるエラリイとか、被害者の家族が押し掛けてきたりとか、どんどんいろんなことが起こってわくわくしながら読み進めました。
終盤はどんでん返しに次ぐどんでん返しで、結ばれた紐の意味とか、どきりとしました。

途中で他の作家のある作品のネタバレがあるんですけれど、いいんでしょうか。
作品名を挙げてるわけではないんですけれどわかっちゃうと思うなあ。
クイーン親子のやりとりも楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

連続絞殺魔<猫>の動機は?!

2004/10/26 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yuseum - この投稿者のレビュー一覧を見る

 作家エラリイ・クイーンの一人、フレデリック・ダネイが1977年に来日した際に挙げた自選ベスト3の次点。そして、最高傑作だと推す人も多いこの作品は、いわゆるミッシングリンクものです。つまり、何のつながりもなさそうな連続殺人をつなぐ鎖の輪、被害者の共通項がテーマとなっており、この種のテーマを扱った作品にはクリスティの『ABC殺人事件』などがあります。(「ABC」を読んだことがない人は、「九尾」を読む前に読んでおいた方がいいでしょうね。)

 しかし、この作品にはいろいろと考えさせられることがいっぱいです。戦争しかり、人種問題しかり、…。中でもパニックに陥ったときの大衆心理は(『災厄の町』でも少しは触れられていましたが)、この作品ではそれが生々しく描かれており、パニック小説としても一級です。

 物語の2/3近くでミッシングリンクが明らかにされたときは、思わずうなってしまいましたが(とんでもない共通項なんですよ)、その後の展開はだいたい思った通りに進みました。しかし、その後の読みどころも満載で、サスペンスあり、(予想していた)どんでん返しありで(どんでん返しまでがやや冗長ですが)、最後にエラリイが苦悩する場面になると、もうすっかり作品に感情移入してしまい、読後しばらくはどっぷりとメランコリックな世界に浸っていました(-.-) 国名シリーズを読んでいたときは、「こんな男のどこがいいのか。」と思っていた(探偵)エラリイも、『災厄の町』やこういう作品を読んでみると、ファンになる理由もわかります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

宗教的サイコスリラー

2001/07/03 10:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:女王 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ニューヨークでおこる連続殺人に名探偵が挑む。と言っても、これまでのエラリーとは違って、本格ミステリーのような人造的な雰囲気は皆無で、リアルなサイコスリラーの感触がある。それでも最後にはロジカルに犯人を突き止めるあたりはさすが。ただし、陰鬱で宗教的なので爽快感はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/31 12:04

投稿元:ブクログ

本格というよりは警察小説の色合いが濃い作品。ミッシング・リンクものなのだが、同時に社会的テーマも扱っていて、既読のクイーン作品とはまるで雰囲気が違う。

チームで捜査したり、また気の遠くなるような広範囲から犯人を絞り込んでいく様は正に警察小説の展開。でも推理のプロセスはばりばりの本格。エラリイが見つけた小さな手掛かり。読者でも容易に気付くそのヒントをどのように発展させるのかと思いきや──いや、参った。これだけきれいに繋がるとぐうの音も出ないわ。作家自身がベスト作品と評するのもわかる。

異色の作品なだけに、生粋のファンから見ればそこが違和感だったりするのかもしれないが、クイーンの別の面を堪能できるポイントはそこそこ高いのでは。心理学的な動機づけや、人間描写に重きをおいた展開など、“意外”な要素がすべて面白く感じた秀作。

2012/02/29 20:57

投稿元:ブクログ

エラリイ・クイーンの数ある作品の中でも、自分的には三本指に入る大好きな作品です。謎解きとか、トリックといったものを楽しむというよりは、その「なぜ」の部分を深く問う作品だと思います。
個人的には後期クイーン作品の中の傑作の一つだと思っています。

今では「フーダニット」よりも「ホワイダニット」を問う作品が少なくないですが、この作品が発表された当時はもっと衝撃的だったんじゃないかと思います。「探偵」と「連続殺人犯」というありきたりの登場人物が、ありきたりではなくなる稀有なミステリ。

2010/09/11 16:13

投稿元:ブクログ

エラリィ・クィーンシリーズ。
過去を憂い、連続殺人を解明のため自分の限界を尽くす、エラリィ。

謎解きよりも、後半に近づくにつれ、濃くなっていく
精神論、描写に重点が置かれている。

エラリィの心の中に立ち込める霧は、最後の言葉で晴れるのだろうか。

2013/04/16 21:26

投稿元:ブクログ

クイーンもの。マンハッタンで起こる連続殺人<猫>の市長直属の特別捜査官に任命されたエラリー。前回のヴァン・ホーン事件であまり乗り気ではなかったが、父の協力等もあり捜査を開始するが、<猫>の連続殺人は続く。しかし、ある法則を見つけたことで事件は進むかと思われたが――。
 ニューヨークを舞台にした、<猫>による連続殺人というスリルがスリラーのような感じがある作品でした。エラリーが登場してからも連続殺人は続いてしまいますが、その連続殺人をするたびエラリーもその関連性に気づくようになり、最終的に犯人を突き止めます。
 ただ、その犯人を突き止めるまでの過程がとてもスリルがあり、本当に犯人なのかと思う部分もあってハラハラしたのですが、少々まどろっこしい部分もあり、その点ちょっと退屈しかけましたが……。
 ラストにはエラリーが涙を見せるシーンも登場し、エラリーも前回のヴァン・ホーン事件もあり、今回の<猫>事件もあり、さて立ち直ることはできるのか、かなり心配な状態になってしまいました。次の作品でどうなるのか気になります。
 スリルある中で、論理で犯人を突き止めていく過程が良い作品でとても面白かったです。

2008/03/02 21:13

投稿元:ブクログ

最後の展開が唐突に感じられた。現在進行形で事件が起こる方がいい。
全て精神異常で片付けてしまうのか。

2007/05/24 01:34

投稿元:ブクログ

ニューヨークは《猫》という連続殺人鬼の存在に怯えていた。犯人が現場に残すのは絞殺に使用した凶器の絹紐のみ。被害者達に共通点は見つけられず、新聞の風刺絵の猫には犠牲になった人数の尾が描かれ増えていく。

2008/07/20 18:54

投稿元:ブクログ

エラリー・クイーン・シリーズ

『十日間の不思議』事件で傷ついたエラリー。ニューヨークで起きる「猫」と名乗る犯人の起こす連続殺人事件。特別捜査官に任命されたエラリーの捜査。被害者の妹セレストと弟ジミーの協力。新聞が煽る事件。事件に恐怖する市民が起こす「猫」暴動。被害者たちの共通点に気が付き犯人逮捕に動いたエラリー。自分の推理に疑いを持ち犯人の関係者を訪ねてウィーンに飛ぶエラリー。そこで解決される事件。

 2002年1月9日再読

 2011年11月19日再読

2010/09/10 21:48

投稿元:ブクログ

 「猫」と名付けられた謎の殺人者によって、無関係な人たちが次々と9人殺される。大都市を舞台にした通り魔的な犯行は、実にエラリィ・クイーン的ではない。第一、容疑者が限られてきそうもないのだから、本格推理小説の型にはなかなかはまってこない気がする。それでも、気がついたらちゃんとクイーンの世界になっていくあたりが、お見事と言えばお見事だ。

 僕らが生きている社会では、無作為に被害者が選ばれる通り魔的な連続殺人事件なんて、正直それほど意外でもないし、まして衝撃的でもない。自分の身の回りで起きたらやっまり怖いし、腹も立つだろうし、犯人逮捕を心待ちにするだろう。だけど、だからといってパニックになったり暴動になったりすることもないし、世間がそれ一色に塗りつぶされるようなことにもならないだろう。

 そういう点で、やっぱりクイーンの時代の物語であって、そういう社会的な反応の描き方が前半はかなりおもしろい。サスペンスも盛り上がる。

 後半、ぐっと本格ミステリ風になってくるのだけど、本当に読者を引っ張っていくのは、むしろ警察小説的なサスペンスである。この作者、こんな勢いのあることも書くんだなってちょっと意外に思ったりもするのだけど、考えてみれば初期の国名シリーズだって、案外こういう盛り上げ方はしていたような気がする。

 推理小説としては「まあ、こんなもんか」ってくらい。何ヶ所か「なるほど、そうか」って思うポイントがあって、それはなかなか快い。だけど全体としては、ロジックに引きずり回されるような陶酔感にも、見事なトリックに膝を打つ快感にも欠ける。そういう楽しみ方をする物語ではない。ラストに向けての展開も、「やっぱりね」という感じであった。

 というわけで、おもしろくは読めたのだけど、やっぱりちょっと物足りなさが残る作品であった。クイーンの中では異色作であるというのはよくわかるのだけど。
2009/4/30

2011/11/03 00:35

投稿元:ブクログ

クイーン後期作品の中でも人気の一品。ミステリってよりはホラーとかサスペンスってジャンルの方が相応しい気がする。

2012/12/23 19:59

投稿元:ブクログ

後期クイーン作品で最高傑作。
連続殺人犯は誰か?だけでなく、被害者の共通点は?動機は?など、現代の作品にもひけをとらない作品だと思う。
しっかり、犯人は憶えているのに、動機などはぜんぜん憶えていな(笑)
エラリー・クイーン読本に、ニューヨークが主役だと書いてあったので、再読しようと思う。

2013/11/17 11:35

投稿元:ブクログ

クイーンファンを自認しながら、本書はその梗概すらすっかり忘れていた・・・・・・。もうほとんど初読のような感じで読んだのだが・・・。

いやもう、完成度高い。
パズラーとしてはちょっと薄いけれど、サスペンスとしては超一級。ぐいぐい読ませる。
もちろん、中盤で「なぜこの順番で殺されていたか」を説明するシーンは冷徹なまでにロジカルで、読者はクイーンの真骨頂である論理の快感を味わうことができる。
ラストもちょっと泣けるなあ。ほんと、そのまま法月綸太郎みたいだった。

中盤から後半にかけて、少々間延びしている感はあるが、その瑕疵は本書全体の完成度からして、わずかなかすり傷でしかない。

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る