サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もりのかくれんぼう
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:26cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-03-330060-0
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

もりのかくれんぼう

著者 末吉 暁子 (作),林 明子 (絵)

もりのかくれんぼう

1,080(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

図書室でまた読みたいベストセラー絵本 10巻セット

  • 税込価格:11,988111pt
  • 発送可能日:購入できません

図書室でまた読みたいベストセラー絵本 10巻セット

  • 税込価格:11,988111pt
  • 発送可能日:購入できません

図書室でまた読みたいベストセラー絵本 10巻セット

  • 税込価格:11,988111pt
  • 発送可能日:購入できません

図書室でまた読みたいベストセラー絵本 10巻セット

  • 税込価格:11,988111pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

きれい

2015/10/24 13:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当にイラストが美しく自分もまるで森の中にいるような気持で読めます。1ページ1ページが戦災に描かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しい絵と森をかんじる目

2016/01/10 15:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koa - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがの美しい絵で、みごとな隠し絵。探すのも楽しいし、団地で育った私の、森への郷愁も満たしてくれる。
長い本なのに、小さい娘が何度も最初から読んでほしがるのは、お兄ちゃんに置いて行かれる妹の心に共感してるのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かくれんぼうがかわいい

2016/02/28 18:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カナマト - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どものころ大好きだった本。お兄ちゃんをおいかけていたら、いつの間にか見たこともない森にいて、、。子どものころ不思議だったのは、どこからが不思議な世界なのか?ということ。お兄ちゃんをおいかけて、角を曲がったところはもう不思議な世界なのか、それともくぐった瞬間からなのか、それはもうじっくり考えていました。そしてこの本の魅力はなんといっても、不思議な少年かくれんぼう。ひょうきんで元気なかくれんぼうがみんな好きになります。かくれんぼしているシーンが、隠れ絵なのも、子どもには大人気なところですね。あのかくれんぼうがいなくなっちゃった、子どもながらにすごく悲しいお話だと感じてました。真ん中のストーリーが楽しいだけに、哀愁がすごい。
余談ですが、途中でクマの子が食べる赤い実がおいしそうだと思ってました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再会

2016/03/19 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けいてぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

近所の本屋さんで偶然見つけた表紙、懐かしさで胸がいっぱいになりました。
子どもの頃の私の本棚にずっとおいてました。
美しい隠し絵が大好きでした。

矢も楯もたまらず3歳と1歳の子どもに購入しましたが、二人とも「???」まだ少しむつかしかったようです。
でも、そのうちこの本のすばらしさに気づいてくれると信じています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とってもとっても不思議な物語!

2016/04/09 10:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、とても魅力的な作品です。お兄さんと一緒に歩いている少女が、近道を行こうと、ある家の生け垣を通ると、そこは不思議にも深い森の中でした。「こんな森、あったかな?」と不思議に思う少女の気持ちとは裏腹に、森ではいろいろな動物たちが少女に近づいてきます。本書の挿絵にも、工夫が凝らされていて、木々の間や落ち葉の下などに様々な動物が潜んでいるのを見つける楽しみもあります。ぜひとも、お子様と本書を楽しんでいただければと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もり

2016/05/20 05:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供と一緒に探しながら読んでいます。イラストも1ページ1ページが美しくて大人が見ていても癒されるような感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どこかな?

2016/11/05 22:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

かくれんぼをするみんなをこどもも「ここ!」と指さしながら、嬉しそうに聞いています。
ちょっとずるいけど、わからないときは次のページをちらっと見てみましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かくれんぼ

2017/05/25 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま - この投稿者のレビュー一覧を見る

かくれんぼのページを、じっくりみるのがたのしい。ここにかくれている!!こんなとこに動物さん!親子でコミュニケーションとりながら楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度でも

2017/05/31 21:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:atoz - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供達に読んだ本を、今は孫のために読んでいます。
動物が隠れている場所などすっかり記憶しているのに
それでも何度も、ここにいるー!と見つけ出すのを楽しんでいます。
一面黄色で描かれた世界。
不思議な国に誘うには充分です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

秋の森でかくれんぼ!

2017/10/02 08:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まさに、今の時期にぴったりの絵本です。

秋の森でかくれんぼ。

黄金色の輝く森の風景があまりに美しくて、うっとりです。

主人公のけいこがお兄ちゃんとはぐれてしまって、迷い込んだ森の中。

そこで出会ったのが、人の形をしているけれど木の枝みたいな男の子です。

「おいらの なまえは もりのかくれんぼう。
この もりに すんでいるんだ。」

けいこは森の仲間たちとかくれんぼをすることになりました。

森の中の動物たちがたくさん登場します。

大きなくまさんに、かわいいリス、賢そうなふくろう、笑ってるとかげ、
たくさんの動物たちに囲まれてけいこの笑顔が弾けます。

すっかり隠れてしまった動物たちを鬼になったけいこが探します。

林明子さんの描く森の中の様子が、なんとも居心地よくて、ずっと絵本を眺めていたい気分になります。

鬼だったけいこはすべての動物たち、それからもりのかくれんぼうの男の子も探し出して、次の鬼はくまさんになりました。

けいこは急いで隠れる場所を探し、それから…。
そこからの話の展開はまるで夢をみているよう。

そういえば、はぐれてしまったお兄ちゃんはどこに?


1970年代後半に誕生したこの「もりのかくれんぼう」。
昭和生まれの私にとっては、昭和の時代を色濃く感じる絵本でもありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かくれんぼうに会いたいなあ

2000/10/30 13:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルーシー=マネット - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼い時の体験には、不思議なことがつきものです。
おにいちゃんとかけっこしていたけいこが、後を追っていけがきをくぐってみると…
そこには見たこともないおおきな森があったのです。
その森の中で出会ったのが「もりのかくれんぼう」という名前の男の子。
かくれんぼがしたくてたまらなかったけいこに、
かくれんぼをしようと誘います。
森の動物たちも一緒になって、かくれんぼをするけいこ。
「もりのかくれんぼう」と茂みの中に隠れたけいこが、
ふと気がつくと、お兄ちゃんが自分を呼んでいました。

けいこたちのだんちができる前にあったといわれる、大きな森。
もしかしたら、その森にいた動物たちやかくれんぼうに
けいこは出会ったのかもしれません。

金色の輝くような森の美しさには吸い込まれそうになります。
そして、この絵本の見所ともいえる、見事なかくし絵は
大人も一緒に楽しめますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

林明子さん描く美しいかくれんぼ絵本。こんなによくできている「〇〇を探せ」絵本って他にはないかも…

2001/11/13 15:34

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星の子マミー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公の女の子、けいこちゃんがふと迷い込んでしまった世界。それは、けいこちゃんの住んでいる団地ができるまえに、昔広がっていた、森だったのです。
 かくれんぼが大好きなけいこちゃんは、森の妖精(だと私は思う)である「かくれんぼう」という名前の男の子と出会い、かくれんぼをします。「かくれんぼうくん」は、黄色い秋色の葉っぱと、木の枝を身にまとい、森の木々に同化してしまい、本当に、見つけるのが大変。見つけられないときは、次のページを開いてみると、なるほど、ほんとに上手に隠れています。森の動物たち(九種類)も参加して、けいこちゃんがおにになると、これまた、感心なくらいに、みんな森に溶け込んでしまう。木の幹と枝の間に体を二つに折り曲げて、かくれたり、枝にぶらさがってみたり、さりげなく葉っぱの下にいたり…何度見ても、おやこで夢中になれると思います。
 それと、この絵本を読んで、ちょっと、しんみりしてしまったことがあります。余談になりますが、小学生時代に、高度成長期を過ごした私は、美しい森が、ある日突然住宅地に変わるとゆうのを、何度も見てきました。あの山や森やどうぶつたち、鳥や虫たちは、いったいどこへいってしまったのだろうと、こどもなりに淋しく思ったりしていました。「もうあの景色は、もどってこないんだ」と思うと涙が出てきそうなので、「森ごとどこかに引越しちゃって、今でもどこかで元気に四季を迎え、成長してるんだ。」なんて、想像したりしていました。このおはなしのように、時々ふっと森ごとあらわれてくれたらいいよね。森全体が、いたずらっこで、かくれんぼしたままなら、どんなにいいでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/09 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/18 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/22 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む