サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1979.6
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:25cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-8340-0748-0
絵本

紙の本

はしれちいさいきかんしゃ (世界傑作絵本シリーズ デンマークの絵本)

著者 イブ・スパング・オルセン (さく・え),やまのうち きよこ (やく)

大きな駅の構内で、貨車を引いたり押したりして働く小さな機関車がいました。遠くへ行かせてもらえない機関車は、せめて隣町に行ってみたいと思っていました。ある朝、機関士が小さな...

もっと見る

はしれちいさいきかんしゃ (世界傑作絵本シリーズ デンマークの絵本)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大きな駅の構内で、貨車を引いたり押したりして働く小さな機関車がいました。遠くへ行かせてもらえない機関車は、せめて隣町に行ってみたいと思っていました。ある朝、機関士が小さな機関車の整備をしていると、ちょっとした隙に、小さな機関車はひとりで駅から脱走します。今まで見たことのない風景の中を走り、人々の生活を巻き込みながら隣町へ。再び出発点に戻るまでの機関車の冒険を描きます。【本の内容】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

汽車が線路をはずれてでも走る走る…

2002/04/16 17:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星の子マミー - この投稿者のレビュー一覧を見る

きかんしゃは、やんちゃな冒険好き!! こどもたちとおんなじ!!
「ちいさいきかんしゃ」はその小さいからだのせいで、遠くへは行かせてもらったことがありません。「せめて隣の町まで行きたいな」というのが、彼の夢でした。
ある朝、いつものようにあさごはんの石炭と水を食べさせてもらった「ちいさいきかんしゃ」は、一大決心、猛スピードで独り旅に出ようと走り出しました。最初は、線路の上を走り、駅が近づいても、通過し、初めて見る田舎の牧場の景色にみとれ、線路をはずれてでもどんどん走り続け、人家の玄関にも突入。憧れのめぬき通りも走り、トンネルも、鉄橋も経験し、とても躍動感あふれる楽しい旅になりました。
「のりものは生きている」幼い頃は誰もがそう思っています。
「きかんしゃやえもん」「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」などと一緒に、ぜひ乗り物絵本の仲間にいれて持たせてあげたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初めての遠出、いまも残る思い出

2001/02/15 19:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうたのーと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 黒、草色、朱色、3色のシンプルな色使いが素敵です。繊細な線で描かれたきかんしゃ、人々や動物たちの躍動感あふれる姿が楽しい絵です。
 遠くへ行ったことのないちいさなきかんしゃが、ある日旅行へと飛び出します。わくわくする様子、目にうつるものたちのいきいきとした様子が鮮やかに、ユーモラスに描かれています。
 夢が叶ったあと、せっせと働きながらふと「あの日」のことを思い出す、というのがなんともいとおしい、ちいさなきかんしゃです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/27 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。