サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 知る・学ぶの通販
  5. 福音館書店の通販
  6. 天動説の絵本 てんがうごいていたころのはなしの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天動説の絵本 てんがうごいていたころのはなし
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1979.8
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:26cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-8340-0751-0
絵本

紙の本

天動説の絵本 てんがうごいていたころのはなし

著者 安野 光雅 (著)

地球が全宇宙の中心だと信じていたころの人びとが考えていた世界とは、いったいどんな世界だったのでしょう? 中世然とした作りの、ユニークな科学絵本。【本の内容】

もっと見る

天動説の絵本 てんがうごいていたころのはなし

税込 1,620 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

1543年5月24日...

ジュンク堂

1543年5月24日「コペルニクス的転回」のその人、コペルニクス没。
昨日紹介した少年の「コペル君」というあだ名は彼に由来するものです。
そして、この本も昨日と同様、視点を変えて深く考えるための美しい美しい絵本。

太陽が動いていて、地球は平らで海の果ては大いなる滝だった時代の人間の暮らし。
動いていたのは地球の方だったと分かった時、それは人々にとってどんな衝撃だったのか?
その常識を覆すことを発見した科学者は、どんな覚悟をしなければ
ならなかったのか。安野光雅はその時代の目線を引き寄せて描く。

私たちも、その時代の人々の暮らしを一緒に体験する。
「今日の私達が、私達にとっての真理を手に入れるために、天動説の時代は
どうしても必要だったのです」(あとがきより)

【折々のHON 2010年5月24日の1冊】

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

安野 光雅さんの絵本

2017/07/17 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

安野 光雅さんの精緻な絵で天動説について読む。子供のために作られた絵本ですが、大人も教養として十分楽しめます。ページの隅々までじっくり楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容が深い

2016/11/17 22:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

天文学だけの話でなく、その頃の政治や学問、日常生活まで、断片的な事柄がつながって、その全てに宗教が色濃く関わっていてることがよくわかる。また、開きページの枠のデザインはすべて同じものでも色使いはどれひとつ同じものはない。作者のこの本にかける思いが、緻密な絵からも伝わってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人にも。

2018/12/17 15:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ROVA - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後のページで安野さんがこの本に込めた想いを語られている。
天動説が「ただの昔の人の迷信」と気にもかけられない状況を危惧している。
天動説がきっちり否定されるまでの間には多くの悲しい出来事があり
悲しい運命を辿った人々の想いがあって、今の地動説がある。
物事の表面だけでなく、背景も見なければ、と感じさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/05 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/23 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/01 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/02 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/30 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/23 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/27 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/08 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/09 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/08 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/11 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/13 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。