サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~身近な雑草から、昆虫、山や森、気象まで~ 自然が教えてくれること ポイント5倍キャンペーン ~8/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:1979.11
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:21cm/212p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-03-720260-3

紙の本

故郷 (偕成社の創作文学)

著者 後藤 竜二 (著),高田 三郎 (絵)

故郷 (偕成社の創作文学)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

自分をつくった故郷への深い愛

2000/10/27 16:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:長崎夏海 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 北海道の農村。一九五〇年代末から六〇年代初頭を過ごした作者の自伝的作品。
 家族と暮らし、人とかかわり生きていく中で見てきたものの豊かさが、時代、風景とともに描かれている。
 こきつかわれる百姓を呪いながら過ごした日々をも含めた故郷への愛と、目の前の現実から出発する力強さが胸を打つ。
 りんご畑、とうきび畑。台風。嫌な仕事、楽しい仕事、りんごや小豆の選別、草刈り、とうきびもぎ……。働きながら聞く、目の見えない祖母の語り。開拓のころの話、じいさんの話、父が進駐軍の兵隊と英語で話し合って酒と酢をまちがえてわたした話、熊がぺかーんと鳴く話。
 農業の近代化。農業の未来について話し合う兄。百姓の女は、簡単に死なないと言い切り、持病を押して働く気丈な母。政治にも商いにも手を出して一家を離散させ、息子や娘たちの家を転々としている森谷の祖父。美しい言葉を並べた徒会の演説原稿を「ことばのあやばかりだ」ときっぱりと言い放つ祖父の言葉は重みがある。
 百姓に学問は必要ないといわれる中で、大学受験をめざす主人公。「なんでおれは百姓なんだ」と呪いながら、畑にでる。「家の仕事さぼってえらくなったって、どうせろくな人間にゃなれない」との言葉を心のどこかで認めながらもかたくなに拒み、具体のちっとも見えない自分の人生を求めていく。
 主人公は東京の大学に行き、母の死で故郷に戻る。しっかりと足をつけていきている妹たち。離農する決心をした父。
 故郷にむかって、人にむかって語る言葉=中身のある言葉を欲っする主人公の思いが、感動的だ。

児童書・絵本トップページへ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。