サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 神々の明治維新 神仏分離と廃仏毀釈

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神々の明治維新 神仏分離と廃仏毀釈
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979.11
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:18cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-420103-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

神々の明治維新 神仏分離と廃仏毀釈 (岩波新書 黄版)

著者 安丸 良夫 (著)

維新政権が打ちだした神仏分離の政策と、仏教や民俗信仰などに対して全国に猛威をふるった熱狂的な排斥運動は、変革期にありがちな一時的な逸脱にすぎないように見える。が、その過程...

もっと見る

神々の明治維新 神仏分離と廃仏毀釈 (岩波新書 黄版)

842(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

維新政権が打ちだした神仏分離の政策と、仏教や民俗信仰などに対して全国に猛威をふるった熱狂的な排斥運動は、変革期にありがちな一時的な逸脱にすぎないように見える。が、その過程を経て日本人の精神史的伝統は一大転換をとげた。日本人の精神構造を深く規定している明治初年の国家と宗教をめぐる問題状況を克明に描き出す。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大きな歴史の教訓

2017/10/28 14:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiroyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治新政府成立直後の混乱期とはいえ、当時何と愚かな行為をしたものかと思う、と現在から振り返って見れば言えるが、激動の時代の波に飲み込まれてしまえば、人はこういうこともしてしまうということを、歴史の教訓として学ばなければならないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不可視のインフラとしての仏教

2008/06/18 15:00

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

廃仏毀釈とは、明治期の「近代化=西洋化」において、その対極にある仏教を可視的な形で排除しようとした動きであり、それは政治史であると同時に宗教史であり、また同時に民衆史の1コマでもあったはずなのだが、今改めて振り返ってみるならば、それは実は「現代史」ですらある。というのも、今や、明確な宗教意識や歴史感覚ぬきに、それでも人は仏壇を飾り墓を守り、お盆やお彼岸を口にするのだから。そう、仏教は、廃仏毀釈においてダメージを受けたにせよ、むしろそのことによって「潜勢力」として不可視の領域へと溶け込み、今や近代、現代社会のインフラとして不可欠の要件と貸している。その単著については、本書で著者が次のように述べている。

《宗門改めと寺請制度が、キリシタン問題がすでに現実の政治課題でなくなった一六七〇年代に、かえって制度として整備されるのは、その民衆支配の手段としての性格をものがたる事実である。一六世紀末まで、政治権力としばしば争った仏教は、その民衆掌握力のゆえに、このようにしてかえって、権力体系の一環にくみこまれた。仏教は、国教ともいうべき地位を占め、鎌倉仏教がきり拓いた民衆化と土着化の方向は、権力の庇護を背景として決定的になった。》

そこに、民衆の仏教を求める心性が重なる形で、その影響力は定まったという。一時期、「近代化=西洋化」の文脈から否認された仏教は、しかしそれによって禊ぎを終えたかのようにして、先進国家であるこの国に根深く安住している。そのことのメリット・デメリットを考える前に、こうしたインフラをひとまずはそれとして可視化してみることが必要だろう。本書は、そのためのはじめの一歩としてたいへん重要である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/09 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/14 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/04 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/28 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/18 06:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/21 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/24 06:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/10 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/07 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/01 04:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/22 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/23 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/23 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む