サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

奇病連盟(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/324p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-113112-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

奇病連盟 (新潮文庫)

著者 北 杜夫 (著)

奇病連盟 (新潮文庫)

346(税込)

ポイント :3pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

奇病連盟

508(税込)

奇病連盟

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/10/25 20:18

投稿元:ブクログ

「ピョコリ病」(ネタばれ自重)に悩む主人公が巻き込まれる数奇な運命。運命といっても重苦しい話ではぜんぜんなく、作者のユーモラスな想像世界に笑わせられ酔わせられる。常人にとっては不思議なことを気に病む主人公の可笑しい葛藤を疑似体験できる良作。読後感はスッキリ

2010/06/22 00:11

投稿元:ブクログ

初めて読んだのは15歳か16歳の時。久々の再読。

著者の父親は歌人斎藤茂吉だということを知ったのは読了してあとがきを読んでから。
当時に最初からその知識があったら書店で手に取ることはなかったかもしれない。

緊張すると4歩めごとにピョコリと飛び上がってしまう「奇病」を持つ武平が
とても不器用で、ときどきクスリとさせてくれる。

特に自分の鼻の下が伸びているのではないかと、巻き尺で鼻の下を測定するところが大好き。

2010/04/21 21:15

投稿元:ブクログ

15年振りくらいに再読。実際自分が主人公と同じ30代サラリーマンという立場になって読むとまた受け取り方も変わります。すっきりしたハッピーエンドなので気楽に読めますね。シュークリームまみれでプロポーズの返事する彼女萌え。「判子を押しなさい」おばさんも好きです。

2012/02/16 19:45

投稿元:ブクログ

読む前は、関根勉絶賛の有名な映画である「奇人たちの晩餐会」みたいな内容を想像してたけど、全然違ってましたね。

最初は中年に差し掛かった奇病持ちの冴えない男性として描かれていた主人公が、美弥が出てきたあたりから、なんだか妙に羨ましいというか微笑ましい展開に...。あんなふうに、普通は欠点とされるところを逆に魅力として感じてくれる人がいたら、なんと幸せなことだろう。

全般的にユーモラスな描写に溢れており、ホテルのビュッフェで大好物の伊勢エビを取ろうとしたら前の人に全部持っていかれて「うぬっ」と言うシーンなど、最高です。美弥の話の最中に中座してまで拘る伊勢エビが、2回も同じ人に邪魔されて「うぬっ」。これがまた、なんだか光景が目に浮かぶような巧みな記述なんですよね...。

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る