サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

地球人のお荷物(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1978
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-010068-1
文庫

地球人のお荷物 (ハヤカワ文庫 SF)

713(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

体長1メートル、まるでテディベアみたいな外見のホーカ族

2001/11/17 13:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キイスミアキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ホーカシリーズです。
 このシリーズは、大物SF作家がコンビを組んで書いた、ユーモアSFシリーズの大傑作。あまのよしたか(平仮名だった)の表紙とイラストもかわいいので、本屋さんで見かけて覚えている方もいるんじゃないでしょうか。でも、そんなあなたに一言だけ。買わなきゃ駄目です。
 
 あらすじはこんな感じです。
 
 地球人青年アレグザンダー・ジョーンズは、調査の最中に宇宙船が故障し、1人、地球から500後年も離れた惑星トーカに不時着する。月が3つあるという以外、念入りに調査をしなくては地球との区別もつかないというくらいにそっくりなこの惑星には、ホーカというティディベアにそっくりな種族が暮らしている。
 アレックスは、地球人との接触により、地球のあらゆる文化を吸収、模倣することで形成されつつあるホーカの社会に貢献することを思いつき、惑星トーカ上に暮らすもう1つの知的な種族、爬虫類のようで好戦的なスリッシーとの対決に手を貸すことにする。最初は、地球人に好意的な種族を助けることで、自らの昇進が可能であると考えていたアレックスだが、次第にホーカとの友情を深めていく。
 
 どうでしょう? 面白そうじゃないですか?
 
 知性を持った猫の社会が、1900年代の地球社会(特にロンドン?)を模倣した社会を形成し、わからないことがあれば現代に暮らしている女の子の主人公を魔法で呼びだし、質問責めにするという、竹本泉の漫画がありますけど、このホーカシリーズのパロディなのかもしれません。ホーカたちもロンドンが大好きで、一族をあげて、すごい勢いでロンドンを模倣していきます。竹本泉の描く猫たちもロンドンが好き。ヴィクトリア時代のロンドンっていうのは、創作者にとってよっぽど魅力的な舞台となっているんですね。
 
 西部劇の世界に宇宙パトロールと、面白いパロディがめじろ押しというラインナップの中で、特に秀逸だと思うのが、「ドン・ジョーンズ」と「バスカヴィル家の宇宙犬」というお話です。
 
 前者はオペラのパロディで、完璧なドタバタ劇。愛らしいホーカが、オペラ<ドン・ファン>の登場人物となっている自分たちに心酔しつつ、アレックスと恋人たちを巻き込んで、騒動のうちにハッピーエンドへ突入というストーリー展開。
 
 後者はミステリーのパロディ。身長1メートル程度のホーカ族のシャーロック・ホームズとワトスンが、たどたどしい推理で謎を解こうとする、あんまりにも可愛いい事件簿です。ロンドン塔は既に建設済みというロンドンで(きっと、模倣の最中で突貫工事が進んでいるんです)、レストレード警部までいるんだから、ほんとうに僕みたいなシャーロキアンにとってもたまりません。
 
 もう、信じられないくらいに可愛い傑作です。ささやかなだけど上質の笑いが、そこかしこにちりばめられています。この本が、どうして絶版になっていたのか、理解に苦しむとしか言い様がありません。やっと復刊ですからねぇ……。
 
 読んでいて、なにがなんだかわからないうちに、たまらなくホーカが好きになりますよ。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一風変わった、ファニーSF。

2003/03/17 15:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NEO - この投稿者のレビュー一覧を見る

理屈も何も取っ払って、SFのおもしろい部分だけを抽出したら、こんなカンジ?
ガハハと大笑いはできないけど、クスクス心から楽しげに笑える。
ハードなSFに疲れた頭を休めるには、もってこいの作品です。

J・P・ホーガンを読むと、頭の中にリアルな世界が広がりませんか?
でも、この小説を読むと、アニメ映像として世界観が広がっていきます。
生々しいタッチのアニメではなく、まさしくカートゥーン・アニメの世界。
ホーカ族と言われる、テディベアそっくりの宇宙人が繰り広げるドタバタ劇が最高におもしろい!

そして挿し絵は、ひらがなで表記される「あまの よしたか」氏。
こんな所にも、世界観にちなんで凝ったよーな、ディティールが好き。

難しいSFを読むだけが、SFファンじゃない。
SFファンならでは、楽しめる設定がここにはギュウギュウ詰めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/13 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/04 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/14 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/16 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/21 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む