サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イヷン・イリッチの死 改版(岩波文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/105p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-326193-3
文庫

紙の本

イヷン・イリッチの死 改版 (岩波文庫)

著者 トルストイ (作),米川 正夫 (訳)

イヷン・イリッチの死 改版 (岩波文庫)

432(税込)

イワン・イリッチの死

410 (税込)

イワン・イリッチの死

ポイント :3pt / 紙の本より22おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 1.2MB 無制限
Android XMDF 1.2MB 無制限
Win XMDF 1.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー40件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

MementoMori(死を忘れるな)を教える名著

2005/12/03 21:05

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 多くの哲学者からも「死を描いた優れた書」と評価されている、トルストイの短編。文庫の中でも薄い方に入る一冊です。一人の中年の男が不治の病に罹り、何を考え、死んでいったのかを描いただけ、と言えばそれだけ、の物語です。しかし、短編だからこそ、それだけ、を切り取り凝縮した形で読ませてくれます。同様のテーマを扱った文学は少ないないですが、ポイントに絞り込み、深く切り込んだ文章は、やはりさすが、と言うしかありません。
 本当に「自分の死」に直面して読む気力など無くなるまえに読んでおきたい本だと思います。若くで元気一杯の人が読んでも、忘れてしまう一冊なのかもしれませんが、そろそろ健康が気になりだした、ぐらいの年齢になったら読んでおいても損はないでしょう。
 お話は、何度でも何度でも、至るところでくり返している情景です。急に調子が悪くなり、治らない病気ではないかと主人公が不安を感じ出した時、「大丈夫」と励ますだけで主人公の不安には答えられない家族。自分自身も、仕事のあるうちは仕事をすることで不安な気持ちを紛らし、死を考えないようにしてしまう。そして彼の死が伝わったとき、職場の同僚たちはポストの移動について考え、妻はお金のことを考え、弔問に来た友人もその後のトランプ遊びの予定について考えているのです。いえ、おそらく死んでしまった主人公自身もこれまでは同じように行動し、「死」など考えずにいたのに違いありません。
 死の恐怖が身近になって、彼が周りの人に求めたものはなにか。彼が問い続けたのはなにか。最後に何を考えたのか。自分もいつかそう考えるのだろう、と思わせるリアルな心理描写です。
 重くて皮肉さも含まれるお話の中、「だれでも死ぬんだから親切にするだけ」と明るく看病する下男に少しだけ救われた思いをし、死の直前、泣いている息子をみて「彼らを苦しめないように」と考える主人公に、自分はそうなれるのだろうか、と自問してしまいました。
 必ず自分にも死が訪れることはわかっているつもりでも、それを考えない生活を続けていくのが現実です。そうでなければ生活などできない、と言えるかもしれません。それでも時々、こんな短編を読んだりして「死」を思い出してみることも必要かも。自分なりに「よく生き」たと思うために。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界の文豪トルストイの円熟期の作品

2009/08/25 21:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第1刷発行が1928年10月10日、この第70刷発行が2003年4月4日である。超ロングセラーである。まさしく古典と言えるものであろう。書かれたのは、1884〜6年。ロシアのというより世界の文豪トルストイの、円熟期の作品だそうです。
 時代はロシア帝政期の作者と同時代、主人公は平凡な小市民的判事。農奴が大部分の人口をしめる当時のロシアにあっては、そこそこの収入と財産がある中流階級と言えるのであろう。その凡人が、ちょっとした事故がもとで不治の病になり、死にいたる経過を書いている。
 社会的地位の向上と収入の増加を自己の幸福と信じてきた主人公が、自分の死に直面し、それまでの人生や生き方に疑問を持ちはじめ、苦悩し、死を受け入れる過程が、克明に描かれる。内容、描写ともに世界の文豪にふさわしい。官界における栄達と快適な私生活の充実を求める俗人を主人公にしながら、誰もが迎える死の問題の本質的を捉え表現している。最近の小説のように大事件が起きるわけでもないのだが、不治の病になり、だんだんと激しくなる肉体的苦痛と体の衰えと、営々苦心して築き上げてきた生活への執着と、死に直面しその生活の無意味さ無価値さに気づいていくまでの苦悩は、すべての人間に共通するものであるが故に、またその表現力故に、読むものの心に働きかけ訴えるものがある。非常に短い短編ではあるが、世界の文豪の一級の文芸作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生に執着した男

2015/02/01 11:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『戦争と平和』には自分の体力も理解も及ばなかった私はこの『イワン・イリッチの死』を読んでようやくトルストイの凄さを実感しました。たった100ページほどなので退屈さを感じずにじっくり読めるのがありがたく、それでいて内容は秀逸。これほどまでに人は死に向かう人間の真相を克明に記すことが出来るのか、とまずトルストイの描写のうまさに舌を巻いてしまいました。
ひとつ難を言うとすれば訳が古いこと。(そのほうがかえって味があって楽しめる、という面もありますが。)ちょっと読者の教養に頼っているところがあるので読む前にロシア人の名前(父称、愛称)ぐらいは慣れておいた方が読みやすいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イワン・イリッチの死

2003/01/15 17:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺやんぐぅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

イワン・イリッチは不治の病に侵されていた。彼は自分が死に行く事を知りながらも死を受け入れられずに、肉体的・精神的苦悶を抱えつづけていた。誰しもが迎える死。しかし、生きてるものは誰も知り得ることはできない。彼は最期に向かい何を考え、何におびえ、何を喜びとしたのか。
彼が死ぬまでの感情を細かく、リアルに描写されていてとても読みやすい。そして、最期まで読み終わったとき、イワン・イリッチの死というものが何か、という事が自然と解る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/25 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/24 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/15 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/01 05:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/29 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/26 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/09 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/07 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/29 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/11 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/03 17:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る