サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アベルの島
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1980.5
  • 出版社: 評論社
  • サイズ:21cm/174p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-566-01072-4
  • 国内送料無料

紙の本

アベルの島 (児童図書館・文学の部屋)

著者 ウィリアム・スタイグ (著),麻生 九美 (訳)

アベルの島 (児童図書館・文学の部屋)

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

評論社「朝読」セット・小学校中学年向き 13巻セット

  • 税込価格:18,036167pt
  • 発送可能日:購入できません

みんなだいすき・ゆかいな冒険文学 19巻セット

  • 税込価格:25,110232pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ネズミ版ロビンソン・クルーソー

2016/09/15 00:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

嵐で川の中の島に流れ着いたネズミのアベル。
たかが川でも、ネズミにとっては岸が遠い。
結婚していてもお母さんのお金で暮らしていた上流階級ネズミの初めての仕事は、無人島サバイバル生活だった。

この手の話では付き物の、希望と絶望の繰返し、自然の美しさとその中での孤独が、ちゃんと描かれている。

島での食べ物よりも冒頭のサンドイッチの方が遥かに美味しそうだったのは、ちょっと残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホントの一人立ち

2003/04/11 14:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新婚ほやほやのネズミのアベルとアマンダは、愉快なピクニックの途中で嵐
に出会ってしまいます。
 嵐の中、なんとかほらあなに避難したと思ったのもつかの間、アベルは飛ん
でいったアマンダのスカーフを拾うためにほらあなを出てしまい、そのまま、
がけを落ちて、川を流され…ついたところは、なんと離れ小島だったので
した。
 さて、アベルは自分以外だれもいない小島で、なんとかして愛する妻アマン
ダの元へ帰り着くことができるでしょうか?
 お金持ちで甘やかされて育って、結婚しているのにもかかわらずお母さんに
お金をもらって暮らしているようなアベルの、孤独で独創的な冒険の物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

才人、ウィリアム・スタイグのすみずみまで磨き込まれた珠玉の一作。繊細で美しい、そして児童文学には珍し

2000/08/16 16:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:赤木かん子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公はねずみの青年アベル。
優しくて気立てもいいのですが、息子を手放せない母親にスポイルされたまま、それが苦しいと感じるところまで辿りついていません。美しいアマンダに一目惚れして結婚しても、親の家から出ようなんて思いつきもしないのです。
 というわけで本人は何の苦痛も感じてないんですがこのまま中年になったらやっぱり困るよね、と神様だかスタイグだかが考えたのか、ある日ピクニックに行った時にアマンダの帽子が飛ばされたのです。
 で、追いかけたアベルは川に落ち、偶然川のなかほどにできた砂州に流れ着いたはいいのですが、そこから出られなくなってしまった。
初めは誰かすぐにきてくれるだろうと思っていたのに誰もきてくれない。
というわけでお坊ちゃんのアベルもようやく自分が生き延びる算段をしなければならないということに気づき、あまりなにもできないのでカエルにまで笑われ、生まれて初めて自分は半人前だったんだ、ということを理解するのです。
 
 そうして一年。
アベルはアマンダ恋しさのあまり、彼女はまだ僕を待っててくれるだろうかと不安になりながらもついに島を自力で脱出し、愛しのアマンダのもとへとんで帰ります。
そうして嬉し涙にくれてアマンダと抱きしめ合った時のアベルはしっかりした一人前の青年になっていた、という、うーん。これって確かに人間を主人公にすると描きにくいねえ、スタイグってやっぱり天才、でも主人公がねずみだと、ティンエージャーたちは気付いてくれないかも、という一冊です。

 読んだ後、自分も少しいい人になれた気がする極上本の一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/10 12:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/30 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/06 08:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/13 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/21 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む