サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

時刻表2万キロ(河出文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1980.6
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-47001-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

時刻表2万キロ (河出文庫)

著者 宮脇 俊三 (著)

時刻表を愛読すること四十余年の著者が、寸暇を割いて東奔西走、国鉄(現JR)二百六十六線区、二万余キロ全線を乗り終えるまでの涙の物語。日本ノンフィクション賞、新評交通部門賞...

もっと見る

時刻表2万キロ (河出文庫)

680(税込)

時刻表2万キロ

680 (税込)

時刻表2万キロ

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 11.7MB 無制限
Android EPUB 11.7MB 無制限
Win EPUB 11.7MB 無制限
Mac EPUB 11.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

時刻表を愛読すること四十余年の著者が、寸暇を割いて東奔西走、国鉄(現JR)二百六十六線区、二万余キロ全線を乗り終えるまでの涙の物語。日本ノンフィクション賞、新評交通部門賞受賞。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

鉄道紀行文の名作

2008/12/15 02:01

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふるふる - この投稿者のレビュー一覧を見る

本の中に部分部分で小さな路線地図が出てくる。しかし、広い範囲がわかりにくいので、大判の時刻表の最初に出てくる地図を見たり、印を付けながら読むとわかりやすい。

最近は、鉄道専門の地図帳が評判になったりしているので、それも良いかもしれない。

旧国鉄時代の駅員や車掌のようすがよくわかる。基本的には客を乗せてやってるという態度だった。現在のJR各社からは想像もつかないだろう。

私の記憶にあるのは、国鉄時代、東京の綾瀬駅の改札を通った時に駅員が「ありがとうございました」と言ったので、とてもびっくりしたことだ。おそらく駅長などの指示でそのようにしていたのだろうが、国鉄でそのような対応は非常に珍しかった。今では当たり前の対応だろうが。

反面のんびりしたところもあって、著者のために景色のいいところで車両を止めてくれたことがあったとのこと。これも今は絶対にしないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鉄道ファンによる鉄道ファンのための著作

2001/11/12 00:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MFTR - この投稿者のレビュー一覧を見る

 鉄道旅行作家として有名な宮脇俊三氏の著作の中でも代表的な作品。著者による国鉄全線踏破の記録である。最近の宮脇氏の作品は読み易いものが多いが、この本に限っては、やたら路線の説明や列車の解説が多く、書き手は言うまでもなく読み手としても鉄道ファンが前提とされているのかな、という気がする。とはいえ、中学生の時に呼んだこの本には、非常に影響されましたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宮脇俊三氏のルーツとも言える一冊

2001/01/31 11:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松本典久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 鉄道をテーマに著作を続ける宮脇俊三氏のルーツとも言える名著。乗車経験のある路線を調べていて国鉄全路線を完全乗車する夢を持つ。会社勤めの制約は「時刻表」を駆使して乗り切り、足尾線(現・わたらせ渓谷鐵道)で念願を果たす。筆者の関心は、旅の行き先ではなく、もっぱらその途上。その顛末をユーモアあふれる筆致で綴ったエッセイだ。日本ノンフィクション賞、新評賞受賞。角川文庫などにも収録されている。

もとの記事はこちら

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/17 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/30 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/14 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/08 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/26 17:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/24 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/31 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/28 16:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/23 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/30 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/09 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/14 08:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る