サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

肌ざわり
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1980.6
  • 出版社: 中央公論社
  • サイズ:20cm/309p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可

紙の本

肌ざわり

著者 尾辻 克彦 (著)

肌ざわり

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ナウイ父子家庭の話 1980年初版

2009/03/03 15:45

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤瀬川原平さんはペンネームをお持ちです。
で、小説を書くときは尾辻克彦さん。
『肌ざわり』は初めてお書きになった小説なんだそうです。

絵学校の先生であるお父さんと小学生の娘・胡桃子ちゃんが登場します。
あるとき遊びに来た学生が言いました。
「先生の家、本当に奥さん…いないんですね。」
「そりゃそうですよ。
うちはちゃんとした父子家庭なんですよ。
ナウイんです。」

そうです、この短編連作は、ナウイ父子家庭の話なのです。胡桃子ちゃん、あるお話では六年生だったり、一年生だったりします。
それがどうして分かるかといえば、このお父さん、娘に話しかけるとき「おはよう、一年生」とか「やめなさい、六年生」なんて呼びかけるのですよ。
面白いでしょ。

お父さんと娘のやりとりがほんとうにほのぼのしていて、嬉しくなります。
とにかくユニークなお父さんなので、ついついお父さんの問いかけに「ぶ-っ」て吹き出すことが多い胡桃子ちゃん、なのです。

例えば、こんなかんじ。
「そう、主婦。主婦の気持。お父さんは主婦でしょ」
「ぶ-っ」

いいなぁ~と思うシーンがいくつもありましたが、
一番だと思うのは、胡桃子ちゃんがお父さんの絵学校の学生さんといっしょに遠足へ行く話のところ。(「内部抗争」)
まずその日の朝にお父さんがお弁当の卵焼きを作るシーンがわくわくします。一年生の娘に「うわぁ、もうトロントロンね。お父さん、混ぜるのうまいね」卵の混ぜ方を褒められ照れるお父さん、いいですねぇ。
それから、遠足からの帰り道、「お父さん、あと電車いくつ?」とすこし疲れ気味の娘に聞かれたすぐのセリフがすこぶるいい。

「いやあと一つだよ。乗り換えはあと一つだけ。
家に帰ったらうどん作って食べようね」
「うどん?」
「そう、うどん。胡桃子好きでしょう」

朝早くから遠足の弁当作りでお父さんも疲れているだろうに、その日の晩ご飯まで算段している。
ここに、ほろっときました。
しかも娘の大好物のうどん!

そうそう六年生になった胡桃子ちゃんは食後に、リンゴをむいてくれるようになるんですよ。

「お父さん、リンゴ食べますか?」
「はい食べますよ」

父と娘のやりとりに、にやにやほのぼのしながら、
ふと先日読んだ幸田露伴親子の話を思い出しました。
そしてわがやの目を向ければ、
娘も小さいころは、「パパと結婚する」なんて言ってたのに、今ではそんなことを言ったことすら忘れているだろうなぁ~と。忘れかけていた懐かしい話を思い出しました。

1980年初版です。
当時はナウイって言葉が流行っていたのだろうなぁ。
こちらもしみじみ懐かしいです。

あと、広島の牡蠣の話が出てきます。
私も何度か広島の牡蠣を知人に送ったことがあるのです。届いたときの風景が再現されたようで、なぜだか可笑しくてたまりませんでした。そこはかとなく笑いをさそう文章…原平さんを感じますねぇ。つくづく嬉しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する