サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

悪魔のハンマー 上(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1980.7
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/471p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-010392-7
文庫

紙の本

悪魔のハンマー 上 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 ラリー・ニーヴン (著),ジェリー・パーネル (著),岡部 宏之 (訳)

悪魔のハンマー 上 (ハヤカワ文庫 SF)

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

原発で沸かした熱いシャワー

2011/03/19 22:28

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消息子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読んでから30年もたっていておぼろな記憶で書くのをお許し頂きたい。自然災害もののパニックSFの、もう古典ともいっていい作品であろう。彗星が地球に衝突することが判明し、そして実際そうなり、破滅的状況を生き抜く努力が描かれる。後のパニックものの映画にも影響を与えたのではないかしらん。
 今回、言及したいのはそのなかでもとりわけ印象的な場面。絶望的な状況の中、生存に苦闘する主人公の前に現れたのが、災害を生き延びた原子力発電所と、そこで文明の火を絶やさないようにがんばり続ける技術者たちなのである。この本を読んだ当時、すでに反原発の考えに触れていた私は、この理性と技術への手放しの礼賛に違和感を思えたことも事実である。
 しかし、いま、福島第1原発の災害の現場で事態の収束のために働いている技術者、消防士、自衛隊員を思うと、この『悪魔のハンマー』で出てくる原発技術者たちの崇高ともいっていい姿を思い出す。そして、疲れ切った主人公が、原発で熱いシャワーを浴びるという極めて感官的な描写は、まさにわれわれが、非正規労働者の犠牲と、核汚染の危険と抱き合わせに享受してきた快適さを象徴しているのである。この熱いシャワー、ニーヴン/パーネルは全幅の肯定を与えるのだが、理念とは別のところにある快適さであり、抗しがたい。
 福島原発の事態が収束したら、われわれはエネルギー問題を議論しなければならないだろう。そのとき盲目的な核への恐怖からでもなく、目の前の感官的な快適さからでもなく、賢明な判断ができるのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/15 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/28 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む