サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

事件(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1980.8
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/503p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-106508-X
文庫

紙の本

事件 (新潮文庫)

著者 大岡 昇平 (著)

【日本推理作家協会賞(第31回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

事件 (新潮文庫)

843(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

推理小説らしくない推理小説

2002/11/01 00:40

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アシェ - この投稿者のレビュー一覧を見る

推理作家協会賞受賞作。実際のところ、確かに法廷ものではありますが、推理的要素は薄い作品です。それでも協会賞が贈られたのは、表面に現われるトリックや論理がなくとも、全体として推理的雰囲気が濃厚なためでしょう。そのうえ小説として面白いのですから、受賞は順当なものだったといえます。

作品のほとんどを占めているのが法廷場面です。作者はやや煩瑣かと思われるようなところまでないがしろにせず、法廷でのやり取り、実際に裁判を行う時に判事や検察官、弁護人がどのように考え、動き、感じるのかを微に入り細にわたって描いています。ややもすれば退屈になりそうなこれらの描写が、この作品においては一番の魅力であり、楽しく読める部分なのです。むろんそこには作者の力量が遺憾なく発揮されているからでもあるのですが、同時に、めったなことでは窺えない法廷の内部の出来事を知る、という好奇心が刺激されるからでもあるのでしょう。「情報小説」という評価があるのも当然です。しかし、それもやはり一面的な評価であって、単に情報を得るための小説ではなく、展開の組み立てかたなど、エンターテインメントに昇華しているところが面白さを感じさせるのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

裁判とは何か、人が人を裁く裁判の実相が明らかにされている

2007/11/25 23:42

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この物語は、昔NHKでドラマ化されたことがある。若山富三郎が主役の菊池弁護士を演じていた。海の向こうでは法廷ドラマはペリー・メイスンなど、よく見かけるのだが、日本ではほとんどない。法律は難しいというので、毛嫌いされているのかも知れない。最近になって、判事、検事、弁護士が登場するテレビドラマが制作されているようである。
テレビでは売れない弁護士の菊池として描かれていたが、本書では30件も事件を抱える売れっ子弁護士である。この菊池弁護士は長らく判事を務めていた。その癖が法廷でも現れる。しかし、弁護人としての腕前は担当判事も舌を巻くほどの腕前である。
 この事件も相当昔の話である。戦後を重く引きずっている。殺人事件なのだが、犯人として逮捕された少年にはその瞬間の記憶がない。しかし、殺人自体を否認しているわけではない。しかし、検事は殺人、弁護士は傷害致死を主張して対立する。
 テレビドラマでも法廷での検事と弁護士、さらに判事とのやりとりがかなり丁寧に描かれていた。本書も当然、法廷での駆け引きや反対尋問で思わぬ証言があったなど、意外性にも触れられている。
 裁判を実際に傍聴してみると分かるのだが、証人に証言させたりする場合、打ち合わせが不十分なのか、どうもちぐはぐな尋問であることに気付くことがある。とはいえ、わが国の裁判では刑事裁判でもテレビドラマで見られるような、検事と弁護士の間で丁々発止の弁論がなされることはあまりない。書面で済んでしまうことが多い。
 わが国でも裁判員制度によって、市民が裁判にかかわるようになってくると、従来法廷で行われてきた慣行がそのまま通用するかどうかが問題になってくる。想定外の出来事も出てくるであろう。
 本小説は昭和36年に新聞に連載されたもので、古いことは確かである。なにしろ、もう46年前の作品である。しかし、裁判とはどんなものであるのか、どのような審理過程を経て、有罪、無罪が決められるのか、を教えてくれる。戦前からの裁判のあり方も書かれており、近代の裁判のあり方が一通り理解できるように書かれている。
 裁判によって真実が明らかになると考えている一般の市民にとって、人が人を裁く裁判がこういうものであることを教示してくれる小説でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/08 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/27 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/23 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/14 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/06 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/15 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/24 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/25 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/27 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/13 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/18 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/26 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る