サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クレヨン王国の十二か月(講談社青い鳥文庫 )

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1980.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社青い鳥文庫
  • サイズ:18cm/251p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-06-147043-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

クレヨン王国の十二か月 (講談社青い鳥文庫)

著者 福永 令三 (著),三木 由記子 (絵)

【講談社児童文学新人賞(第5回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

クレヨン王国の十二か月 (講談社青い鳥文庫)

702(税込)

クレヨン王国の十二か月

540 (税込)

クレヨン王国の十二か月

ポイント :5pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.6MB 無制限
Android EPUB 8.6MB 無制限
Win EPUB 8.6MB 無制限
Mac EPUB 8.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

青い鳥文庫新「朝の読書」学級文庫 28巻セット

  • 税込価格:18,565171pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

現実的な王様夫婦

2008/08/19 17:49

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

クレヨン王国の十二か月 福永令三 講談社

 王様と女王様の夫婦の会話が現実的で楽しい。どこの夫婦にもみられる夫婦喧嘩のようでした。文中から作者の人柄と経験がかいまみられます。自伝のような部分もあります。
 12か月の童話です。以前、水にまつわる12か月のエッセイを読んだことがあります。その本の起源と骨格はこの本にあることがわかりました。
 同時期に「ナルニア国物語」を読んでいましたので、クレヨン王国との両者の内容を混同というか、ナルニアがクレヨンを吸い込んだようになって、ふたつの物語を一体化して読んでしまいました。
 あの頃は、小学生が読む本ばかりを読んでいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ファンタジー

2015/09/12 12:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学生の時に何度も読み返した本です。クレヨンの王様がいなくなりシルバー王妃と主人公のユカが王様を探しに旅に出るストーリーです。30年前に読んでいた作品を
また読むことが出来たので良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私はもう大人なんだけど、おもしろいと思いました。

2001/02/07 22:36

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私の家庭教師先の子が、このクレヨン王国シリーズをほとんど全部持っていて、「先生も読んで」と言うので、読みました。私はもともと児童文学というか、子供の本が好きなので、抵抗なく読み始めました。
 クレヨン王国のわがままなお后様に嫌気がさした王様は、家出をしてしまいます。そしてお后様が12の悪い癖を直すまでは決して帰らないと言うのです。お后様と主人公の女の子は王様を捜して旅に出ます。途中わがままなお后に振り回されながらも二人は仲良くなっていき、12の国を次々に訪ねていきます。そして一つ訪ねるごとにお后様の悪い癖が直っていき、最後は…。
 お后様の悪い癖というのが、寝坊だったり偏食だったりと、すごく身近で身につまされました。
 大人の私も楽しんで読んだので、子供たちが夢中になるのも無理はないなと思いました。楽しい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/12 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/02 05:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/22 05:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/26 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/13 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/17 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/19 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/17 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/30 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/04 09:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/19 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む