サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

職業としての学問 改訳(岩波文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 87件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般 大学生・院生
  • 発売日:1980/11/01
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/91p
  • 利用対象:一般 大学生・院生
  • ISBN:4-00-342095-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

職業としての学問 改訳 (岩波文庫)

著者 マックス・ウェーバー (著),尾高 邦雄 (訳)

職業としての学問 改訳 (岩波文庫)

497(税込)

職業としての学問

475 (税込)

職業としての学問

ポイント :4pt / 紙の本より22おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー87件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

時代の宿命を正面(まとも)にみる

2012/11/24 23:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Fukusuke55 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1919年、亡くなる前年にマックス ウェーバーが行った講演の抄録です。
若い研究者たちに、全身全霊で語りかけ、混迷する時代に強い意志を持って「学問と政策の峻別」を生きよと説いています。

第一次大戦敗戦後のドイツ、「事実」のかわりに「世界観」を、「認識」のかわりに「体験」を、「教師」のかわりに「指導者」を求める若い研究者たちに

「体験」に求めるのは、弱さからきている。
その弱さとは、結局時代の宿命を正面(まとも)にみることができないことだからである。(57ページ)

と、叱咤しているウェーバーさん。

表紙をめくるとすぐにある、晩年のウェーバーさんの写真は迫力ありありです。なんだか幕末の志士のようで、眼光するどく、この眼で見据えられたら、弱い心をすぐに射抜かれそうな気がしますね。

何だか、今の日本に生きるわれわれが叱咤されているようです。

この後のドイツが歩んだ道は、多くの人が知るとおり。
民衆が求めた「指導者」は、そう、あのヒトラーです。

現在の風潮は、ここでウェーバーさんが叱咤した時代とそっくりになりつつあり、次期政権リーダーになろうかという党首が「言っただけで株価があがり、円安になった」、「国防軍とする」発言を繰り広げていることを、有権者が冷静に消化する必要があるのではないかと思います。
時代の宿命を正面にみる力、未来への想像力・・・これらを問われているのが、まさに今の日本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たぶん本当の学問というものは、人に「何をすべきか」は教えない

2002/11/06 03:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くるぶし - この投稿者のレビュー一覧を見る

 学問は、たぶん本当の学問というものは、人に「何をすべきか」は教えない。
 「教え」をそういうものだと期待している人々に、とりわけ若い人たちに、ウェーバーはとっても水くさいことを言う。
 この「水くさい」ことは、けれどもかなり厳しいことらしい。なんとなれば、 現代人にとって、とくに「ヤンガー・ジェネレーション」(とウェーバーが言ってるのだ)にとって、もっとも耐え難いことは、このような《日常茶飯事》であるからだ。つまるところ神々(価値観)の間で、争いがつねに続き(なにしろ《日常茶飯事》なのだ)、それには誰も、決着をつけることができない(こうした決着のつかなさに人々は耐えられない)。けれども、少なくとも学問は、そんな決着をつけることをしないし、またすべきでもない。やれると思ってるのは、自然科学の研究室にときどきいる「大きな子ども」か、自分を予言者か何かと思いこんでいる教師だけだ。

 「現代の知識階級の人々の多くは、いわばなにか保証つき本ものの古いもので自分をかざりたいという欲望を持っている、そしてこれにともなって宗教もまたこうしたもののひとつであることに気づく、ところが、なにしろ彼らは宗教というものを現在持っているわけではない、そこでかれらはこれのかわりにほうぼうの国から集められた聖者の像でおもしろ半分にかざりたてた一種の邸内礼拝堂を設け、あるいは、彼らが神秘的な救いの神聖さを備えていると考えるあらゆる種類の体験のなかから代用品をつくりだし、これを手にして読書界を行商して歩く」。
もちろんウェーバーはこう言うのを忘れない。
「(こんなふうにして)なにか新しい予言が生まれたためしはない」。

 何が良いとか悪いとか、そうしたことを学問は教えない。
 けれど「こうしたらこうなる」といったことは教える。
 つまりこういうことだ。人は「こうしたらこうなる」と知ることが(可能性としては)《できる》。だからこそ、「こうなるとは知らなかった」と言って責任を回避することは《できない》。人は無知や未知をもはや言い訳にはできない。「そんなつもりじゃなかった」は許されない。欲した事(「つもり」)の責任をとるばかりでなく、引き起こしたすべての責任をとらねばならない。
 行為がどこに跳ね返り何を引き起こすかわからぬほど複雑な社会や宇宙の中で、こうした責任倫理を果たすことができるほどの知性を、それに耐え得るほどの精神を、あの「水くささ」は要求する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たとえ専門家でなくとも

2001/05/19 17:17

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 特に教師や学者でなくとも、学問を体系的かつ社会構造学的に考えてみるためにこの本は役立つ。個人的な娯楽として以外になぜ、学問が職業として成り立つのか、なぜ研究者は魅力的なのか、なぜ学問は政治的判断から分離したものでなければならないのか。この講演を拝聴せよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

学問に対する心構え

2016/02/13 23:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名 - この投稿者のレビュー一覧を見る

学問の世界に生きようとする者達への心構えをとく。
特に、本来は勉強を第一としなければならない大学生にとって読むべき本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/11/10 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/12 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/15 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/04 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/24 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/08 08:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/07 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/13 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/21 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/21 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/23 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む