サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

金星応答なし(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981.1
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/489p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-010417-7
文庫

紙の本

金星応答なし (ハヤカワ文庫 SF)

著者 スタニスワフ・レム (著),沼野 充義 (訳)

金星応答なし (ハヤカワ文庫 SF)

626(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

混沌と萌芽の大作家の処女作。

2010/03/27 17:29

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

後にレムがその価値を否定したとされる長篇で、ツングース隕石の正体が金星からの宇宙船であることが判明し、その来訪の目的を探るための金星へ向かう宇宙船の建造と発射が計画・実行されるまでの第一部、金星探索の模様を描いた第二部で構成されている。第一部はヴェルヌ以来のさまざまな知見を駆使し、決った視点人物を持たない一種の「知識小説」であり、第二部は山男のパイロットの一人称による冒険小説のスタイルをとったファースト・コンタクトものといった趣。全体に当時の共産主義的理想にもとづく進歩主義的なヒューマニズムの謳歌がポジティヴに語られるなかを展開する「金星の謎」の正体は、その後のレムを想起させるディスコミュニケーションを感じさせるもので、なかなか興味深い作品だった。正直、緻密な科学考証や人物関係の記述、さまざまなエピソードはそれぞれにテーマもスタイルも異なっていて(しかもしばしば未消化に終る)、一本の長編小説としては全体的な有機性に乏しく、作品として散漫な印象を受けるのだが、それもある意味でレムという作家の多面性をいかにもしみじみと感じさせるものであり、とくにチャンドラセカールほか実在の科学者を何人も登場させ、しかも重要な登場人物として描いているところなどは、なかなか他のSF作家と異なるところで面白い。最近もまったく衰えないレムの人気を考えるとじゅうぶん復刊されてよい本であると思う。ほとんど内容と関係ないじゃんと思われるタイトル(邦題)の謎が読了後「成程!」と手を打つオマケつき。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/24 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/18 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む