サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マラッカ海峡(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981.3
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/339p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可
文庫

紙の本

マラッカ海峡 (集英社文庫)

著者 谷 恒生 (著)

マラッカ海峡 (集英社文庫)

389(税込)

ポイント :3pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

失った滾りを取り戻せ

2013/12/07 18:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

ベトナム戦争は我々にとって息苦しい歴史だ。日本は戦闘にこそ参加しなかったけれど、負けた方の南とアメリカをずっと支援していたのだから。中には戦争に反対していたとか北を支援していたとかいう人もいるだろうが、それらが歴史に影響を与えたわけでもなく、結局我々は負けた側であり、解放の敵だった。
「マラッカ海峡」が書かれた1976年にはその傷も多少は薄れていたかもしれないが、大多数の日本人はなんとなく無かったことにして、時間が解決してくれるのを待っているだけではなかったろうか。しかしベトナムの現地を見ていた人間には、永遠の悪夢かもしれない。日野啓三がしばしば振り返るように。
航海士として世界各地の港町を渡り歩いた土岐雷介もそうだ。サイゴンの最後の日々を目の当りにして、そして船ごとマラッカ海峡に沈められた。乗組員の中でただ一人しぶとく生き残った彼は、身を隠しながら秘かに横浜に帰ってくる。彼には何が正義で、誰が悪人かなどはどうでもいい。復讐の念があるだけ。少なくともそのように装っている。しかし彼の所在を各国の諜報機関が追っている。一人海底から甦った男は人並みならぬ執念と強靭さを持ち、安穏とした日常に倦んでいた人間を強引に引きずり出して、ふたたびマラッカ海峡に向かう。
「喜望峰」の原稿を見た編集者によって長篇2冊同時刊行デビューが決まって、そのために新たに書かれた本作には、作者の書きたい欲求が限りない滾りが叩き付けられているようだ。船上において船員の視線で世界を見る「喜望峰」と、海と地上を往還して遂に海へと帰っていく「マラッカ海峡」は好対を為している。ただいずれも世界の理不尽に対しての怒りが、男達の行動の源になっている。地上世界を満遍なく見渡している彼らの視点は、紛れも無く世界視点であり、日常の狭い風景に縛られていては見えない景色を見せ、忘れたい現実に眼を向けさせる。その野獣的な行動こそが、戦争は常に権力の腐敗と国民への裏切りで成り立っていることを思い出させる。米海軍にさえ真っ向勝負を挑む無謀さに、命を賭して戦う血潮を湧き立たせる。
大国の覇権争い、富の収奪、そういった事柄はいつも一般庶民には水平線の向こう側の手の届かない話で、自らの血に染まった手を拭うことすらままならない。そんな手放してしまった感情を、アジアやアフリカで起きている現実を日常に地続きの物語にすることで取り戻すことが、船戸与一であれ谷恒生であれ、冒険小説の効用かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む