サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イリュージョン(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981.3
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-760068-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

イリュージョン (集英社文庫)

著者 Bach,Richard (著),村上 龍 (著)

イリュージョン (集英社文庫)

494(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

大人のひとにこそ読んで欲しい。

2001/09/02 13:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マッチョマン2001 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ぼくらは大人になるにつれて、いろいろなものに縛られたり、気づかないうちに自分で自分の考えを狭めたりしてしまいがちです。
 でも安心してください。この本が自分の中に眠っている、子供のころのような自由な心を呼び覚ましてくれます。そして勇気をくれます。だからぜひ読んでください!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生きることとは……。

2001/07/08 00:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yomoo - この投稿者のレビュー一覧を見る

 幻想的でファンタジーな冒険の旅を通じて、主人公リチャードは救世主ドンから「生きること」と「死ぬこと」とはいったい何なのかを学んでいきます。しかし物語はとてもあっけなく終わってしまいます。まるで全てが夢だったのかのように……。感動です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あなたは退屈している救世主ですか?

2002/06/23 23:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まゆげ - この投稿者のレビュー一覧を見る

救世主が出て来て、題名がイリュージョンとは、なんとも胡散臭い。
これは二人の飛行機乗りの友情の話で、ドンは不思議な飛行機乗りで救世主(私は、ドンは三歩先が見える人なのだと思うのだが)、リチャードは気のいい飛行機乗りで救世主の見習いになるところ。二人のする救世主になる練習はバカバカしいけれど、救世主入門のテキストは読む人に知りたかった答えを与えてくれる言葉が詰まってる。そのバランスがすごくいいのだと思います。

思い通りに、自由に生きる人は嫉妬と羨望の的だ。でもそれは、自分が強く望みさえすれば、誰だってできること。救世主にだってなれるし、思いどうりの生き方だって、死に方だって、自分が選ぶんだと教えてくれています。人を傷つけるようなやり方だって自分が選んだんだって。
どこからきて、どこへ行くのか?
退屈を壊す方法は自分が決めるんだ、と。

退屈だと思っている人は、一度読んでみてはいかがでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分の見たいものだけ見ればいい

2001/03/15 23:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人を傷つけることさえ選択。思ったことをやればいい。雲はなにも知ってはいない、だが高みにたてばその秩序がわかる。
 など自己に忠実であることを勧めておいて最後に「このテキストは信じない方がいい」とある。すごい裏切りだ。
 しかしそれでも信じたいと思えば信じればいい、それがまさに自己に忠実であることだ。この本のタイトルはイリュージョンつまり幻想。なにを見るかすら選択できるというのだ。
 退屈している人に読んでほしい冒険の物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/14 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/21 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/17 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/12 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/06 05:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/30 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/23 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/25 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/09 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/21 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/30 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む