サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

空白の戦記(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981.4
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-111709-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

空白の戦記 (新潮文庫)

著者 吉村 昭 (著)

空白の戦記 (新潮文庫)

497(税込)

空白の戦記

518 (税込)

空白の戦記

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

艦首切断
顚覆
敵前逃亡

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

太平洋戦争裏面史の短編集だが、意外な事実もあった

2009/02/01 21:35

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 吉村昭が取材を重ねた記録から、太平洋戦争での知られざる裏面史を6つの短編で著わしたものである。
 6つのうち、最初の2編は海軍の駆逐艦と水雷艇の海難についてである。この2編で全体の半分を占めている。実際に外洋に出て訓練をすることは当然行われる。気象状態のよいときを選んで実行されるのかと思いきや、台風が迫っている際にも行われた。実戦で気象を考慮して出撃を見合わせることはできないからであろう。
 それにしても、荒天で訓練を行えば、必ず犠牲者は出ると予想される。たとえば、乗組員が海にさらわれるなどの事故である。しかし、この2編はそうではなかった。駆逐艦といえば、軍艦の中で戦艦や巡洋艦に比較すれば、規模が小さい。しかし、軍艦は軍艦で、多少の波浪などにはびくともしないと思っていた。誰しもそう考えていたのだが、この場合の訓練ではそうではなかった。もちろん、海軍はその事実を隠蔽していたので、世に知られることはなかった。
 終戦間際の沖縄における少年兵の悲劇である。捕虜になった際の心得について、時代や社会背景の非人間性について考えさせる一編であった。さらに、もう一編では女性の戦いを描いている。沖縄での守備戦では、ひめゆり部隊に見られるように、女性の犠牲が多かった。そういう事実も戦後60年以上も経た現在では人々の記憶から遠ざかりつつある。
 一式陸攻に搭乗していたが、敵戦闘機の銃撃で墜落して戦死した山本五十六連合艦隊司令長官の話は有名であるが、別機に搭乗して撃墜されたが、生存した宇垣参謀長の後日譚は知られていない。宇垣参謀長はその後連合艦隊司令長官となったが、終戦が決まった日の前後に最後の特攻機に搭乗して敵艦船に突っ込んだ。
 吉村の書いた別編『戦艦武蔵』で、機密であった設計書類の紛失事件が描かれている。実は、これは少年兵の他愛ない行為であったが、最後の一編はその後の少年兵を追跡したものである。
 いずれも戦争の中で生じた人間の生死を考えさせる作品であった。まさに『空白の戦記』というタイトルに相応しい短編群であったと思う。吉村が諦めずに丹念に調査を重ねた結果で、しかも当時でも誰もが知っていた事実ではない点に意外性が秘められている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/17 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/22 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/29 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/29 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/16 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/17 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/31 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る