サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

島尾敏雄全集 第1巻
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981.5
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:20cm/567p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7949-3081-X
  • 国内送料無料

紙の本

島尾敏雄全集 第1巻

著者 島尾 敏雄 (著)

島尾敏雄全集 第1巻

4,089(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

島尾敏雄全集 17巻セット

  • 税込価格:61,381568pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

ぼくは小学尋常科 1 13−23
ぼくは小学尋常科 2 24−59
ぼくは小学尋常科 3 60−83

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「一番好きな作家は?」と問われて、「島尾敏雄」と答えていた頃が確実にあった。

2003/12/04 20:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本格派 - この投稿者のレビュー一覧を見る

島尾敏雄との出会いは、高校の国語の教科書だ。
角川書店の現代国語の1年生用の教科書だ。
「春の日のかげり」という短編が掲載されていた。
主人公と他者との距離感の危うさが、16歳のボクの波長に共鳴して、大きなうねりが生じた。
見かけは陽気にふるまい、友人達の輪(柔道部)の中心ではないが、少なくとも内側にはいると、信じて生きていた高校生が、キャプテンの小さないたずらに引っかかって、みんなに笑われてしまう。それだけではない、そのいたずらは、その柔道部の集団とはまったく無関係の少女を巻き添えにしてしまった。主人公の心は乱れ、震え、怯える。しかし、主人公は、懸命に陽気を装う。そして、主人公は、その少女に……。
──島尾敏雄
初めて見た名だ。それから、貪るように島尾を読んだ。全集は奨学金で買った。彼の作品は、どれも裏切らなかった。作品と言うより、彼の文章は、といった方が、感覚的に近い。
この現前する過酷な眼前の光景に、ひたすら畏れおののく、ひたすら繊細な神経を持った主人公、ただそれだけを描き続けている。

奥野健男ら、多くの評論家は、島尾文学には4つの系列があるという。
「単独旅行者」や「贋学生」に代表される、〈旅の系列〉。
「出孤島記」や「出発は遂に訪れず」に代表される、〈戦争もの〉。
「死の棘」に代表される、〈病妻もの〉。
「夢の中での日常」や「鬼剥げ」に代表される、〈夢の系列〉。
以上の4つの系列で語られる。
しかし、そうではない。それは単に、作品の道具立てで分類したにすぎない。
島尾文学はひとつだ。
「死の棘」を読んだ奥野健男が、「なぜ、この題材を夢の手法で書かなかったのか」と慨嘆する評論を書いている。しかし、それはナンセンスだ。
島尾という小説装置は、甲羅も鎧も衣類も布も皮膚も細胞膜もない、むき出しの神経そのものなのだ。通常、驚くことも怯えることもなく、見過ごして、あるいは、適宜処理して日常を送ることのできるような些事にさえ、その装置は、怯え、震え、哀しみ、苦しむ。そんな敏感な装置に、「震洋」という人間魚雷ボートに乗って敵艦に体当たりすることを義務付けられ、発進命令を待つ、という現実が突付けられたら、どうなるだろう。そんな敏感な装置に、自らの浮気によって、妻が発狂し、幼いふたりの子を巻き込んで家庭が崩壊してしまうという現実が立ちはだかったら、どうなるだろう。その繊細な装置は、日常から逸脱した「旅」という空間にさえ、畏れおののく。また、「夢」でさえ、彼にはおぼろげなものではなく、過酷に現前する驚異として写るのだ。

島尾の特異性は、そこにあり、それはそのまま、日本文学のある極点を示しているには違いない。小賢しい論評よ去れ、読者はただ、島尾と同化すればよい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む