サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヘルマンとドロテーア 改訳(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981.6
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/192p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-324055-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ヘルマンとドロテーア 改訳 (岩波文庫)

著者 ゲーテ (作),佐藤 通次 (訳)

ヘルマンとドロテーア 改訳 (岩波文庫)

583(税込)

ポイント :5pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

善意の華

2014/06/12 23:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

フランス革命は当時ヨーロッパ諸国のインテリ層に衝撃を与えたが、それは自由を謳う思想への共鳴と、自国を思うナショナリズムの板挟みでいろいろ複雑だったようでもある。ゲーテも古典主義というくらいだからローマ帝国以後の国境なんて気にかけないのかと思ったら、フランス軍との衝突に従軍していた。
そして国境近くの村々から続々と避難民が移動していく。ある人は何もかも捨てた身で、ある一家は荷車に家財を山と積んで行く人もある。その通過する地域の人々もまた義侠心と慈悲で迎える。その中でとりわけ献身的な避難民の娘のことを、お嫁さんに欲しいという都合のいいことを言い出す輩も現れる。そういうこともあるでしょうね、しかしこの実話がゲーテは気に入ったのだそうだ。
破滅的な現実の中で、幸せになるべき人にそれが訪れること。人々がみな後押しし、祝福すること。そんな凡庸ではあるが、しかし非日常な風景自体を見られることが祝福なのだろう。その説得力はものすごい。
現代の目では、人の不幸に付け込んでるだけとも言えなくもないのだが、まったく抜け出せない泥沼のような境遇というものが、その時代にはあったのだ。特に女性一人の放浪者となれば、行く末は暗い。そういう不幸の構造よりは、そこから抜け出す歓喜がこの作品で謳われるところになっているわけだ。
戦争や差別に対する視点がまったくないのは現代人には奇異にさえ見えるのだが、それをすべて運命とみなし、それに抗するものとして、家族の絆や社会的繋がりの貴さを描く。それほどまでに戦禍や飢餓というものが日常的なものとして捉えられていたのだろうかと思う。ただしそれもナポレオン時代、戦争の悲劇があらゆる人々に及び、個人の善意や良心ではそれを避けることができなくなる暗黒時代になる寸前の、魂の最後の輝きだったということかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/24 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/22 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/29 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/15 02:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/24 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/08 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む