サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

和宮様御留(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981.7
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/407p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-131702-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

和宮様御留 (講談社文庫)

著者 有吉 佐和子 (著)

【毎日芸術賞】【「TRC MARC」の商品解説】

和宮様御留 (講談社文庫)

679(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

時代の波に流され、翻弄された女たち…

2002/05/26 14:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「公武御一和」のためということで、有栖川家との婚約を破棄してまで、徳川
に降嫁することを命じられた皇女和宮。その身代わりとなった少女フキの人生。

「公武御一和」って、いったいなんなのでしょうね。いやがる皇女を無理に降嫁
させないと実現させえないものだったのでしょうか。
否。そんなことはなく、その「象徴」としての降嫁なのでしょう。
足の悪いのも手伝って、東下を頑なにいやがる和宮。
知る人のない徳川の大奥になんて、喜んで降嫁できるはずもありません。

そういう、公家と武家の駆け引きのようなものに巻き込まれて一生を狂わされた
フキが可哀想ですね。何も知らされずに使いに行った先で、こっそりと、
「いるけどいない」者として扱われ、思いもかけなかった生活に否応もなく
放り込まれてしまった少女。
溌剌とした彼女にとって、それがどんなに苦痛に満ちているか。
フキが、それまで、実に活き活き暮していた少女であるので、そんなカゴの鳥の
ような暮しをさせられるのは、どれほど苦痛だったことか。思いっきり水汲みを
する夢をみるくだり、胸が痛くなりました。

そして、自分が何をさせられるのかも理解しないまま、宮様(和宮)に憧れている
様子にも…。
それでも、フキの立場に同情し、理解を示してくれる存在のあることが
せめてもです。
だんだんと、彼女だけがフキの支えになっていきます。
彼女もまた、フキと同じような存在だから…。

そんなフキの人生を中心に、ご降嫁を早く早くと急がせる武家。
なんとか和宮優位にことを運ぼうとする公家。
彼らの思惑を織り交ぜながら物語は進んでいきます。

フキが楽しみにしている祇園のお囃子の音が、やけに悲い…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

和宮降嫁の裏側で起きた悲劇

2002/07/28 18:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふーみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

300年の歴史が続く徳川家も時代の波に揉まれ新たな転換期を迎えました。江戸末期、江戸徳川家と皇女との婚姻による結びつきにより時代の波を乗り越えようとあがいた時代です。
これは小説ではありますが、その時代を生きた和宮の嘆きは真実そのものと言ってもいいではないでしょうか。
この本ではその裏側で起こった悲劇に焦点を当てています。「フキ」という公家奉公をしていた京都の町娘(元孤児)が身代わりとして降嫁していきます。「フキ」の人生は抹殺されたようなもの、ですが和宮への慕わしい思いと唯一頼りにしている乳人である少進(本当の乳人の妹)の存在により、健気にもレールの上を進んでいこうとしているのです。それがまた憐憫を誘ってしまうのです。

女性は位が上にいけばいくほど歴史の渦に巻き込まれずにはいられない時代がありました。皇女という尊い位に生まれたゆえにもろに時代の波に揉まれた和宮、「はたして真実は?」と想像してしまうのは仕方の無いことでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/16 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/19 06:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/28 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/03 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/30 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/01 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/20 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/29 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/21 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/28 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/16 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/29 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/02 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む