サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本
  4. 物語・おはなし
  5. 偕成社
  6. アルセーヌ=ルパン全集 1 怪盗紳士ルパン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アルセーヌ=ルパン全集 1 怪盗紳士ルパン

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:1981.10
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:20cm/345p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-03-815010-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

アルセーヌ=ルパン全集 1 怪盗紳士ルパン

著者 モーリス=ルブラン (著),竹西 英夫 (訳)

アルセーヌ=ルパン全集 1 怪盗紳士ルパン

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

アルセーヌ=ルパン全集1 怪盗紳士ルパン

1,512 (税込)

アルセーヌ=ルパン全集1 怪盗紳士ルパン

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

アルセーヌ=ルパン全集 Aセット 15巻セット

  • 税込価格:22,680210pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ちょっと先入観で避け過ぎていたきらいがあります。これならロングセラーも納得。ホームズものの再読とともに、全巻読破チャレンジもしてみたいけれど、案外、私好みはこの巻だけだったりして・・・

2012/04/03 18:40

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

全25巻、別巻5、計30冊にも及ぶルパン全集の第一巻。作品誕生の経緯は、竹西英夫が巻末で丁寧に解説しています。ルブランが生まれたのは1864年、そして最初のルパンもの「ルパン逮捕される」が発表されたのが1905年、といいますから決して若くして書かれた作品ではありません。以来、作家の意思には関係なく28年間、ルパンものを書くことになります。

といっても、ルブランが雑誌の発行人である友人のピエール=ラフィットから最初一篇を依頼されたのが1903年で、そのとき書きあがった「ルパン逮捕される」を読んで感心したラフィットが言ったのは「作品が十ばかりたまったら、毎月連載で掲載しよう」ということですから、1905年の雑誌発表時にはすでに10篇の作品が書きあがっていたことになります。

で、この本は最初の短篇集〈 ARS`ENE LUPIN;GENTLEMAN‐CAMBRIOLEUR 〉の全訳だそうです。ところが収められているのは9話。となると、1905年から次々に発表されたはずの10篇とこの9編の関係はどうなっているのだろう、と思います。やはり解説するときは、収められている全話についての初出を書くべきですし、せっかく触れたのですから、最初に書き溜められていた作品名まで記載されるのが筋ではないか、と私などは思うのですがいかがでしょう。

もうお馴染みの装丁は、故辰巳四郎の手になるもので、田中槇子のさし絵ともども定番化しています。新装改版もいいのですが、改版はともかく新装が必ずしもうまくいっていない例をよく見ます。この全集のようにしっかりしたものは、文庫全集を別にすればこのままのスタイルであと十年は行ける気がしますし、なにより大人が手にしていても全く違和感のない作りであること。ロングセラーのちからでしょう、これで1500円を切っているのですからお買い得です。

で、ルパンもの、私にとっては初読と言っていい気がします。いままで一冊だけ読んだことがありますが、タイトルも忘れているくらい印象が薄いものでした。で、偕成社版全集。娘たちと図書館に行くたびに気になっていたものですが、彼女たちがそこに行くこともなくなったいま、初めて一冊を手にする気になりました。奥付をみると1981年9月1日に1刷がでて、手元のものは2005年7月22日22刷、ほぼ年一刷は児童書としては理想のペースでしょう。カバー折り返しには、
            *
神出鬼没の怪盗アルセーヌ・ルパンが 最初に盗みを働いたのは
国宝級のネックレス《女王の首飾り》で、その時彼は6歳だった―
アルセーヌ・ルパンの生いたちを語る「女王の首飾り」のほか
泥棒稼業を開始したばかりのころの失敗談を描いた「アンベール夫人の金庫」
イギリスの名探偵ホームズとはじめて出会う「おそかりしシャーロック・ホームズ」
アルセーヌ・ルパンの青春記ともいえる 初期の短編9編を収めた傑作集
            *
とあります。目次にしたがって各話を簡単に紹介すれば

・ルパン逮捕される:大西洋を横断する定期客船プロヴァンス号が出航して二日目、船に飛び込んできたのは「貴船一等船客室にアルセ-ヌ=ルパンあり。」という電報だった。13人の一等船客の誰がルパンか、そんな議論の最中にジャーランド夫人の宝石が盗まれた・・・

・獄中のアルセーヌ=ルパン:マラキ城に貴重な蒐集品を飾るナタン=カオルン男爵の下に舞い込んだ書留、ラ・サンテ刑務所という所書きを記した手紙には、男爵の愛蔵する油絵を数点盗み出すというルパンからの宣言が。刑務所で厳しい監視下にあるルパンはどうやって望みをかなえるのか・・・

・ルパンの脱獄:ラ・サンテ刑務所を抜け出しては、わざと街中で自分の正体を明かしては刑務所に舞い戻るアルセ-ヌ=ルパン。どうやって監視の目をかいくぐるのか、そして自ら刑務所に帰ってくる意図はどこにあるのか。裁判に連れてこられた男は、逮捕されたルパンではなかった・・・

・ふしぎな旅行者:汽車でルーアン駅に行き、そこから自動車で友人たちの家を訪問しようとしていたルパンは、混雑した車室を避けて女性と二人の車室での移動を選んだ。発車間際に飛び乗ってきた男は、ルパンたちの車室に踏み込んでくると・・・

・女王の首飾り:ドルー-スピーズ伯爵夫人の部屋から盗まれたのは、夫人が公の場で必ず身につける謎と伝説につつまれた有名なネックレス《女王の首飾り》だった。浅い眠りの夫人がいる、ドアにはかんぬきまでおろされた寝室から、どうやって誰が。アルセーヌ・ルパン誕生秘話・・・

・ハートの7:この手紙を読んだら、絶対に身動きをしてはならない。一晩中、指示に従った僕の耳に聞こえてきたのは家中をゆさぶり金づちであちこち叩く音。そして一夜が明けて、我慢が出来なくなったぼくが広間で見たのは、予想外の光景と一枚のトランプ、ハートの7・・・

・アンベール夫人の金庫:仕掛けた芝居で、まんまとリュドビック=アンベール氏のもとで働くことに成功したルパンだが、狙う金庫を見る機会はなかなか訪れない。資産家の夫妻は、いつも気持ちよくルパンに接するが・・・泥棒稼業を開始したばかりのころの失敗談

・黒真珠:真夜中に医者に往診を頼みに来た、といって建物に入り込んだルパンが向かったのは、医者の部屋ではなく、伯爵夫人の暮す六階。そして、一旦外の出たルパンは再び伯爵夫人の部屋に入り込み、黒真珠を探そうとしたが・・・

・おそかりしシャーロック=ホームズ:銀行家ジョルジュ=ドゥバンヌとその母に招かれてティベルメニル城に集まった人々が聞かされたのは、あすの午後四時にイギリスの名探偵ホームズがドゥバンヌの依頼でやってくるというものだった。城への秘密の通路を見つけるのは近辺に出没するルパンか、名探偵か・・・

 解説 竹西英夫

となっています。ホームズ譚=推理小説、ルパン=冒険小説、と決めつけていたのですが、すくなくともこの巻についていえば、ホームズものくらいのミステリ度ではないでしょうか。楽しく読みました。残り24巻もこのレベルなら十分、読む価値はあるのですが果たしてどんなことやら。いつかゆっくり挑戦したいと思いますが、優先順位からいえば今のところクリスティ、クイーン、フランシス、レンデル、ロスマクといった連中の、かなりあとかなあ・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/01 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/22 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/15 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/17 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/24 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/20 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/26 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/14 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/16 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/06 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/16 10:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む