サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アフガンの四季(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981
  • 出版社: 中央公論社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/205p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可
新書

紙の本

アフガンの四季 (中公新書)

著者 佐々木 徹 (著)

アフガンの四季 (中公新書)

454(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

著者,静かに絶望

2007/08/10 23:55

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アフガン,パシュトゥーン人の四季の暮らしぶりを語るが,そこかしこに著者の絶望的人生観漂う.

 初雪を配達する行事,バルフィ.
 足の裏の肉までひび割れる,冬の皸.
 ダウド・クーデターがあっても,遠い変革.
 夏と冬に集中する死者.「貧乏人は死ぬこともできない」葬儀儀礼での出費.
 プロの凧師までいる冬の風物,凧上げ.

 代々の政権の政策により,定着化を強要される遊牧民.
 仕事の邪魔になるのでチャドリを被らない,遊牧民の女性.
 多額の出費を強いられる,婚礼のための諸儀式.
 婦人達が夜通し寄り合い,徹夜で騒ぐことを許される「サマナクの祭り」
 灌漑用水路,ジューイとカレーズ.
 床屋,割礼屋,呪術医までも兼ねるダラーク(床屋)や渡り職人.

 水を飲み,ニンジンを食べるだけの間食.
 客室には可能な限りの寝台が押し込まれ,それでも客達は収容しきれずにベランダまで溢れ,アフガン人旅行者はトイレの使い方が分からずにうろうろし,シャワーを出しっぱなしにし,市場で買ってきた羊を客室の中に入れ,外国人達はいくら注意しても半裸で歩き回り,公然と麻薬を飲み,夜中まで奇声を発して飛び跳ね,物乞いが食堂内まで入り込む,そんなホテルに勤める筆者.
「神様なんて本当にいるのか」と逆上する筆者.
 モルダガウ(死に牛)と軽蔑される,路地裏のチャルス(大麻)中毒者.
 往古のそれよりも後退している,カブール川以外の3つの川の水利用.
 呪術崇拝という低次元の信仰.
 男達が不在のときにはパシュトゥーンワリに関係なく排他的になる遊牧民.

「夫は,まだ子供が欲しいというんです」
「どうして嫌だと言わないんです?」
「私が断れば,夫はもう一人別の妻を貰うでしょう」

 晩秋の冷雨がテント内へ流れ込んでくるような寒い夜さえ,場合によっては毛布一つ持たないまま,一睡もできずに朝を待つ遊牧民.

 屠殺場で,血溜まりの穴に落とされた羊の首.
 社会的地位の低い楽師達.
 国営であるために市民との密着度が低い,都会のモスク.
 捨て鉢に物語を終わらせる,現代作家ウスタード・ブリシュナー.

 中村哲医師が言う「ターリバーンは農村の伝統を守っている」が必ずしも正しくないことも分かって,お買い得.
 買え.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む