サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 群出版の通販
  6. 新生アフガニスタンへの旅 シルクロードの国の革命の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新生アフガニスタンへの旅 シルクロードの国の革命
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般 研究者
  • 発行年月:1981.9
  • 出版社: 群出版
  • サイズ:19cm/234p
  • 利用対象:一般 研究者
  • ISBN:4-905820-07-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

新生アフガニスタンへの旅 シルクロードの国の革命

著者 野口 寿一 (著)

新生アフガニスタンへの旅 シルクロードの国の革命

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

確信バイアス,かく語りき

2006/12/14 23:39

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書はある意味,貴重.
 カルマル政権の実態がとっくにバレている今日では,本書は,確信バイアス君の手になる『現地報告』が,どれだけ事実と乖離するかという良い標本.

 本書においては,徹底してカルマル政権の官製報道の引き写しに終始.
 自分の言葉で語る場合にも翼賛記事がソース(p.30他).
 政権の手による統計のみで,「産業の現状」を論述.
 あげく,情報文化省に「出勤」(p.27)させられている状態に,疑問すら感じていないという有り様.

 インタビューも大半は政権側の人間.
 大臣に会っても,向こうにとって都合のいいことを喋らせているばかりで,大臣にとって都合の悪い質問などは一切せず.
 アフガーン人民民主党が金大中死刑判決を糾弾する声明を出した,と誇らしげに書く著者(p.78).
 ならば,同党はサハロフ博士をソ連が軟禁したことについても,同じように糾弾したのかね?

 「現地市民への取材」も,人民民主党(ソ連派共産党)経由.にも関わらず,「やらせ」の可能性を微塵も考えていないのは愚鈍過ぎ.
 2006年現在,NGOが「アフガーン成人男性に,援助をアシストしてもらうために必要な,最低限の読み書き教育を施すには,NGOの側が金を払わねばならない」という現実(「アフガニスタンに住む彼女からあなたへ」より)を考えると,本書では至極うまくいっているかのように述べられている「文盲一掃キャンペーン」が,実際にそんなに効果があったかは極めて疑問.
 しまいには,インタビュー相手から,自分の望むような答が得られないと,
「そんなはずはない」
と食ってかかる著者(p.97).
 その直後,著者が自分の勝手な憶測で自己満足する様子(p.98)にも苦笑.

 また,本書にはイスラームの「イ」の字も出て来ない.「イスラム原理主義」のレッテルをムジャヒッディーンに対して貼る以外には.
 例えば,地主から土地を取り上げることに伴う,イスラーム法学的解釈の難題も,本書には一切登場せず.
 ちなみにカレーズ水主についても,その弊害しか書かれておらず.例えば大野盛雄著「アフガニスタンの農村から」に見られるような,農村の政治構造に関する深い考察は皆無.
 著者にかかっては単に,
「ジルガは搾取社会」「バダル」は悪癖と一蹴(p.169〜)されてしまう.
 なるほど,これほどアフガーン農村部に無理解では,カルマル政権統治が巧くいかなかったのも無理はない.

 パシュトゥニスタン問題を利用して反パキスタン(当時,ムジャヒッディーンを支援していた)を煽ろうとしたり,日本共産党を裏切り者呼ばわりしたりと,イデオロギー臭も臭いすぎ.

 マニアなら.
【関心率0%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む