サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン 10/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

女の警察(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981.11
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/490p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-125901-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

女の警察 (新潮文庫)

著者 梶山 季之 (著)

女の警察 (新潮文庫)

475(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

女の警察(新潮文庫)

810 (税込)

女の警察(新潮文庫)

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.2MB 無制限
Android EPUB 12.2MB 無制限
Win EPUB 12.2MB 無制限
Mac EPUB 12.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

男の弱みは常に女か

2011/07/24 15:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

女の警察と渾名される主人公は、あるキャバレーのチェーン店の保安部長という肩書きが付いているが、要するに借金を踏み倒して逃げたホステスを探し出すのが仕事。それが学生時代の友人である雑誌記者が不審な死を遂げたことに好奇心をそそられて、引き寄せられるようにその原因に近づいて行く。東海道新幹線用地買収に絡む汚職事件を題材にした「夢の超特急」に続いて、今度は山陽新幹線での疑獄が背景に隠されている。それと平行して、様々な新興資本が業界に参入し、大勢のホステスを抱えて趣向を凝らした支店を拡げていくというチェーン店方式が勃興していく過程が重なっている。つまり金に絡む線はどこかで繋がっているのか。ホステスの失踪も金か男に絡んでいる。
そんな中で、主人公も新しいビジネスの流れに乗りつつ、女たちの生き方にも関わっていく。事件の鍵となる女に惚れてしまい、深い関係になるのだが、それは正義感から犯罪を暴こうという姿勢から、自分と女のために戦うという危険な領域に踏み込んでしまうことで、現実社会に生きる人々が何かしら抱えるジレンマだろう。自分の利害の絡む世界で問題があるからといって、恋人を告発することもできないし、公然と支援することも公正であるか疑問がある。何よりも二人の関係をおおっぴらにすることがどんな場合でも可能だろうか。本作の場合で言えば、商品に手をつけている、巨大な権力に対立している。
正義とか公正とかがまだ空論だった時代の話なのだ。モラルや人権が守られるための制度なんてものは十分では無く、人の心の中だけのことだった時代。組織の歯車になっていれば守られたかもしれないものが、個人を剥き出しに生きざるをえない世界では戦って勝ち取るしかない。この時代には多くの人がその中間のどこか不安定な場所にいて、また憧れていたりもしかかもしれない。加えてその女性が名器なんてことになれば、それって一体なんなのだ、そんなに素晴らしいものなのかという想像力をかき立てる。たぶんまだ夜の世界のこういったお仕事や業界についての情報もさほど一般化していない頃だ。
細かい設定はどうでも、事件、謎の追跡、現場に自分の恋人が絡んで来た時、人の緊張は最高潮に達する。そんな危険を犯したくはないのも人情だが、勝つか負けるか人生と女を賭けた謀略に巻き込まれてしまったらそのスリルからは逃れられない。殺された友人の仇討ちか、女を守るためか、正義感か、様々な動機が混然として、後戻りすることも出来ない。そんなドラマチックな場面の連続する展開で、まったく目が離せなくなる。作者のストーリーテラーとしてのセンスが全開されていると言っていいだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/16 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る