サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

55階のねこ
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1981.12
  • 出版社: 佼成出版社
  • サイズ:23×25cm/31p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-333-01052-7
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

55階のねこ

著者 なかえ よしを (作),上野 紀子 (絵)

55階のねこ

975(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

等身大の体験と見晴らしの良い場所

2010/12/17 00:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙のねこは、心細そうな、でも、好奇心を抑えきれない様子で、下を見下ろしている。

このねこ、テンペイは、56階のアパートの55階に住んでいる。

生まれてすぐにこの部屋にもらわれてきて育てられたので、55階の部屋から出たことがない。

テンペイは、かわいがられ何不自由なく育てられたねこだった。

外に出なくても食べたいものを食べて、毎日のんびりとひなたぼっこをしていればよかったのだ。

そんなテンペイだが、ひとつだけとても気になることがあった。

それは、「まどのそとにみえる ちいさくて ちょろちょろとうごく いろのついたもの」。

それは、絵を見ている読者は、小さな子供でもすぐにわかるだろう。

テンペイは、「いったい あれは なんだろう?」とどうしても確かめたくなり、
はじめて下に降りる決意をする。

ちょうど開いていた扉から外へ出た。

テンンペイのはじめての冒険が始まる。

はじめて降りる階段、はじめて出会うネズミ、
エレベーター、人の足、犬・・・。

すべてが初めての経験だった。

最初は上から見下ろしているだけだったテンペイだが、
新しい経験をするたびに、だんだん顔がしっかりして行くように思う。

テンペイの「さがしもの」を手伝ってくれるしろねこがあらわれ、
テンペイは55階の部屋にしろねこを案内する。

同じ著者のコンビが書いているねこの物語を思い出す。

どことなく似たメッセージを発しつつも、
ときに反対のことを言いながら、バランスを解いているようでもある。

『空からきたねこ』では、
自分の場所を高いところから見下ろしてみて、
「おおきな おおきな せかいのなかに」いる、
「ちいさな ちさな じぶん」を感じてみることを描いているが、

本書は逆に高いところから見下ろしてばかりいないで、
下に降りて体験してみることの大切さ、

ちいさなまどからのぞくだけではなくて、
見晴らしの良い場所から見てみることの大切さを描いているように思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む