サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 文芸春秋の通販
  6. 十二の肖像画による十二の物語の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

十二の肖像画による十二の物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981.12
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:31cm/100p
  • 利用対象:一般
  • フィルムコート不可

紙の本

十二の肖像画による十二の物語

著者 辻 邦生 (著)

十二の肖像画による十二の物語

2,700(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

絵画から広がる小説の世界。絵画への文章でのオマージュ。絵も楽しむためにはやはりこの大きさがほしいもの。

2007/09/28 14:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1  2枚の中世、ルネッサンスヨーロッパの肖像画それぞれに、著者が数ページの物語をつけたものです。古本屋でなぜか気になって手に取った一冊ですが、いろんな意味で素敵な本なので紹介させていただきます。

 肖像画は、観る人それぞれにいろいろな言葉を語りかけ、人物の性格や背景を想像させるものです。この本の物語はそれぞれの絵画に対する著者のオマージュ、といってもいいのかもしれません。絵画に刺激され、著者が紡いだお話から、それを読んだ人がまた想像を膨らませていく、違ったお話を紡いでいく。絵も文章も、名作にはそういう力があることを改めて感じました。
 ティツィアーノの「自画像」につけられた話の題名は「怖れ」。レンブラントの「黄金の兜の男」には「偽り」という題名の話がつけられています。確かにこの男の伏せた目や寂しげな表情は、隠された何か、を感じさせます。タイトルの示すとおり、、少し暗い印象の話が多いのが少し寂しいですが、けちな総督の身に起こるちょっと滑稽でもある結末の「吝い(しわい)」という話などもあります。

 本のサイズはA4版。大型ですが、ページ数はそんなに多くないので画集を開くような感じで手にとれます。絵を楽しむにはこの大きさがやはり欲しいですね。表情や、背景の小さなものがお話に続いていることがわかったりします。
 居間に置いておき、少しくつろぎたい時に開いて絵を眺め、お話を一つ読む。画と、本と、どちらの興味の方にも開いてもらえるので、ちょっとお客様の時間を埋めたり、話のきっかけにしたりという役にも立ってくれます。これと双子のような「十二の風景画への十二の旅」もあります。

 辻邦生さんの著作は全集でないと入手しづらくなってしまったようですが、こういった「大型本」は「文章を読む」以外の要素も重要。是非手に入りやすくなってくれれば嬉しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する