サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

われは幻に棲む(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1982.2
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:16cm/478p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-587272-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

われは幻に棲む (徳間文庫)

著者 西村 寿行 (著)

われは幻に棲む (徳間文庫)

562(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

われは幻に棲む

594 (税込)

われは幻に棲む

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

夜の街にガオー

2007/09/22 18:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京に怪盗が現れる。追われるとビルの壁を登り、空を飛んで逃げるという。超人か、それとも集団幻覚か。その上に今度は、飼犬を殺して回るという事件では、若い女が目撃され、鬼女と呼ばれる。これらの怪事件が連続するのは、偶然なのか、それとも何かの陰謀が秘かに進行しているのか。警察も国民も疑心暗鬼となる。そんな折り、長野県の白犬神社で、かつて日本武尊の前に現われた悪霊を封じ込めたと言われる、白い犬の像が打ち壊されたという事件が報じられる。鬼女はそこから甦って報復を始めたものなのか?
というような妖しくも緊迫した状況で始まるのだけど、事件を追う退職刑事が白犬神社で犯人の痕跡を見つけるところから、話がハートウォーミングな方向へ。とりあえずこの刑事はカコイイので◎。現役時代には「黒猫の目を持つ男」と呼ばれ、独特の勘があると言われた。播州赤穂に伝わる九鬼神流の杖術を使う。怪盗と鬼女との宿縁により、この手で彼らを殺すべく対決に向かう。鬼女達の本当の狙いは何か、彼らはいったいどこから来たのか、元刑事との接点とは。そして彼らは少しづつ追い詰められていく。この世の孤独を、あり得るべく極限の孤独を抱えて。行き場の無い復讐の念を抱えて、行為はより凄惨さを帯びる。
その闇のルーツは、戦後の混乱期の中に繋がっていることを元刑事は突き止める。その闇から彼らを救い出し、人の心を取り戻させることはできるのか、それとも死をもって消え去るしか道は無いのか。
そんなわけで、新聞(日刊ゲンダイ)連載小説ということで、構成に多少ブレがあるのは大目に見ていただくよりないのだが、各場面は迫力に溢れ、鬼女の風のようにスピーディーな動きがおぞましくも美しい。高度成長期から、ドルショック、オイルショックを経て、かすかな陰りを憶え始めた人々に、日々暮らす世界と隣り合って存在する不安を引きずり出して見せてくれたような作品と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する