サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ことばを読む
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1982.3
  • 出版社: 中央公論社
  • サイズ:20cm/237,8p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可

紙の本

ことばを読む

著者 井上 ひさし (著)

ことばを読む

1,058(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

井上ひさし全著作レヴュー56

2011/05/03 11:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稲葉 芳明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1980年1月~1981年12月まで「朝日新聞」文芸時評欄に掲載された文章を収録。
 力量のある作家なら、掲載媒体や読者層を鑑みてその題材やスタイル、読み易さ(難易度)を選択していくだろう。井上ひさしはエッセイも夥しい量を書いているが、『家庭口論』(「婦人公論」連載)や『日本亭主図鑑』(「朝日新聞」日曜版連載)などは、その狙いとスタイルが上手く一致した事例である。では、かの「朝日新聞」文芸時評に連載した本作はどうかというと、何て肩肘張った難解晦渋な文章なんだと、ファンとしてはぼやきたくなる。
 その膨大な読書量と対象の広さと独自の視点から、当代随一の「読み巧者」と一目も二目もおかれている井上ひさしが文芸時評を担当するのだから、通常のお堅い「時評」とは異なった、融通無碍の硬派軟派両刀使い清濁併せのむ評論が読めるのかと思いきや、何ともはや観念的なお堅い文章ばかりが並んでしまった。余りこういう言い方はしたくないが、「朝日」の文芸時評に書くというので、井上ひさしですら余計な力が入ってしまったのだろう。連載最終回で「付け焼き刃の竹馬をはいて批評家ぶるのはやめ、普段の読書生活をできるだけ拡充させながら、書物をとおして日本語=ことばについて考えてみよう」と著者は自ら記している。されど、さすがと唸らせる鋭い分析は随所にあるものの、総体として裃を着た余りに堅苦しいスタイルから最後まで解脱できなかったのが、残念である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する