サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1978
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/397p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-11901-8
文庫

紙の本

赤後家の殺人 (創元推理文庫)

著者 カーター・ディクスン (著),宇野 利泰 (訳)

赤後家の殺人 (創元推理文庫)

税込 946 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

呪われた部屋vsH.M

2013/10/23 18:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:atsu - この投稿者のレビュー一覧を見る

一人で中に入った人間は必ず死んでしまうといういわく付きの「赤後家部屋」
所有者の貴族の戯れで集められた関係者の中から、トランプで選ばれた一人が、
その部屋に入るこことなった。その中には名探偵ヘンリ・メリヴェル卿(通称H.M)の姿も。果たして、部屋に人が入った数時間後に、その人物は死体となって発見されてしまう。
現場に居合わせながら殺人が起きてしまうという失態を犯したH.Mは、何としてもこの事件の謎を解かんと執念を燃やすが、なにぶん被害者以外の人物には全員鉄壁のアリバイがあり……
通常考えられるトリックは、部屋に何かしらの仕掛けがしてあり、それをいじった被害者が殺されてしまうというものだが、そこはミステリの巨匠ディクスン、ひと味もふた味も捻ったトリックで読者を楽しませてくれる。
古典で翻訳も古く、現代の読者には読みづらい箇所もあるが、複雑な人間関係はとりあえず、どうやって殺人が行われたのかというハウダニットに焦点を絞って読み進めてみてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魅力ある謎

2001/08/25 23:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤスフミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリを読む上で『魅力的な謎』というのは欠かせない要素です。裏表紙に、とても魅力的な謎が書かれてあったとき、思わずその本を手にとってしまうこともあるでしょう。この『赤後家の殺人』はそれを満たしている作品です。この作品を紹介するとき、この「謎」以外のことは何も言わなくても、相手にこの作品を読みたいと思わせることができるのです。
 その謎とは……「部屋が人を殺す」。

 その部屋に独りで入った者は必ず死んでしまう。二人以上で入ったときには何も起こらないのに、独りで入ったときにだけ、その人を死に至らしめる部屋。これまでの歴史の中で何人の人を殺してきたか。そして今、その部屋に入ろうという者たちが現れた。彼らはトランプで、その部屋に独りで入る者を決める。その中に、カーター・ディクスンの創造した名探偵、ヘンリ・メリヴェル卿もいるのだ。

 そして再び……謎の死。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/27 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/07 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/10 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/30 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。