サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫 ポイント5倍キャンペーン  ~11/19

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/161p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-50803-0
文庫

紙の本

一杯の珈琲から (創元推理文庫)

著者 エーリヒ・ケストナー (著),小松 太郎 (訳)

一杯の珈琲から (創元推理文庫)

税込 550 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

一杯の珈琲から、素敵な恋が始まる♪

2004/05/07 18:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

『飛ぶ教室』を始め、児童文学に名作を残したケストナーの恋のおとぎ話、ラブロマンスの素敵な作品です。話の中に出てくるモーツァルトの音楽が聞こえてくるような朗らかさ、明るさが全編に流れています。メールヒェン的で、温雅なユーモアに満ちている、これはドイツ&オーストリア国境バージョン「恋におちて」。第二次世界大戦が始まる一年前、1938年に発表された作品です。

ひと夏をオーストリアのザルツブルクで過ごすことにしたゲオルク。為替の認可がなかなか下りないため、ザルツブルクでは貧乏暮らしを、国境越しのドイツ・ライヘンハルのホテルでは大名暮らしを送ることになる。鉄道に乗って一時間と離れていないザルツブルクとライヘンハルの都市間を、昼と夜とで往復して過ごそうというわけ。そうして日を送るようになってすぐのこと、所はザルツブルクのカフェ。無一文状態で立ち往生していたその時、彼女がわたしの目に止まった!

という具合にカーテンの幕がするするっと上がって、話が滑り出して行きます。
国境往来をしながらの恋の喜劇の、はじまりはじまり〜♪

モーツァルトの音楽、ディヴェルティメントとか「プラハ」のシンフォニーのメロディーが、さあっと流れていくみたいな朗らかさがあるんですよね。上品なユーモアがいかしてる、香り高いロマンス小説の逸品。だいぶ前に読んで、以来お気に入りの作品になりました。

今回、冒頭の「読者への序文」を読んで、ゲオルクを「ドイツ」、相手の女性を「オーストリア」と置き換えたら、そこに何か寓意的な意味合いがこめられてはいないか? などと考えたりもしました。でも、それも最初のうちだけ。あんまり小難しいこと考えずに、作品のメールヒェン・ロマンス風のタッチ、明るいユーモアなんかを楽しんでいったらそれでいいんじゃないかと、読み終えてそう思いました。

ケストナーのユーモア小説三部作では、ほかに『雪の中の三人男』(1934)、『消え失せた密画』(1935)があります。個人的に、本書に優るとも劣らないくらい気に入っているのが『雪の中の三人男』。本書が気に入ったら、ぜひこちらも読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/04 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/17 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/22 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/25 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/27 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/01 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/31 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/31 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/16 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/11 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/09 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/18 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/08 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/26 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。