サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

紅はこべ(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1980
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/389p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-50701-5
文庫

紙の本

紅はこべ (創元推理文庫)

著者 バロネス・オルツィ (著),西村 孝次 (訳)

全ヨーロッパを動乱にまきこんだフランス革命。共和政府に捕えられた貴族を救うために、天佑のように出現した秘密結社〈紅はこべ〉とは何か? 処刑を待つフランス貴族を外国に逃亡さ...

もっと見る

紅はこべ (創元推理文庫)

税込 924 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

全ヨーロッパを動乱にまきこんだフランス革命。共和政府に捕えられた貴族を救うために、天佑のように出現した秘密結社〈紅はこべ〉とは何か? 処刑を待つフランス貴族を外国に逃亡させる、大胆不敵なイギリス人一味。奇略を用いて一瞬、城門を駆け抜ける騎馬武者。英仏両都を舞台に、恋と友情と義侠の綾なす、絢爛たる歴史小説の粋!

*2008年、宝塚歌劇団・星組により、ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」上演
*2010年、宝塚歌劇団・月組により、ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」上演
*2010年1月15日 『映画版 月組・東京公演 ミュージカル スカーレット ピンパーネル』公開【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

痛快な冒険譚

2018/05/22 07:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

村岡花子訳に続き、西村孝次訳の本書を読んだ。会話のテンポが良く、読みやすい。翻訳によって登場人物のキャラクターが微妙に異なってくるのも面白い。

特に違ってくるのが、紅はこべ捕縛に執念を燃やすショーヴランである。村岡花子訳では表面的にはひたすら慇懃な人物。それが、西村孝次訳では、粗暴で無礼な側面を見せる。

また別の相違点もある。マルグリートの尾行がショーヴランに発覚した時、暗闇の中で彼に顔、胸、肩をいじり回される場面がある。それが、村岡花子訳では、顔だけをまさぐられている。村岡花子さんは、際どい描写を敢えて避けたのだろうか。

海外文学の日本語訳を読む場合、翻訳の違いを比較するのも興味深い。物語と併せて楽しめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

奥様の冒険

2015/08/19 21:43

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

フランス革命では、多くの貴族、のみならずその妻子までもが断頭台に送られ、その残虐さに対して非難が浴びせられたと言う。かつてパリで女優として名を知られた主人公は、今はイギリスの富豪の夫人となっているが、兄はいまだに追われる身である上に、自身は虐殺派に加担したかのような謂れのない噂に傷ついている。
パリ市内から貴族達を次々に脱出させる手助けをしている、謎の人物紅はこべが、兄を救うための彼女の頼りだが、紅はこべの正体はフランス政府も血眼で捜索している。果たして紅はこべの正体は誰なのか、そして彼女の運命はどのように変転していくのか。
紅はこべの活躍は、彼女にとっては噂で聞くレベルのものでしかなかったが、俄然切迫した問題となった。そこへフランスの外交官が接触して来る。社交界の花である彼女は、少しずつ時代の動乱に巻き込まれていき、遂には愛する人を守るために命がけの冒険へと向かっていく。
つまり紅はこべの活躍や、その正体が誰かという謎といったスリルではなく、かつてはヨーロッパ一の才媛と呼ばれた美女が、愛のために泥まみれになり身を挺しての決断と勇気のドラマだ。
歴史ドラマの女性視点としても、女王やファンタスティックな女戦士でもなく、ただの非力な奥様の、けなげで懸命な冒険、つまり丸きり女性向け歴史ロマンと言えるだろう。もう紅はこべの正体なんて、感情を煽るための道具でしかない。
紅はこべはイギリス社交界では英雄視されているが、フランスでの肅正に対して政治家の反応は反発と放置の両方があったともされており、ヒロインの態度は必ずしも紅はこべの正義に加担するということでもない。作中ではフランスの末端兵士や場末の宿屋の亭主など、さまざまな声が挙げられているし、やがてくるロベスピエールの失脚や、周辺国との戦争と、さらに流動的な背景の中で作者はむしろ庶民の心情に同情的でさえある。
その相反する立場の葛藤の中にあるからこそ、愛のために生きるという姿勢が際立つのであり、単なる勧善懲悪の物語から離れた別の深みをもたらしている。そこには善悪、正誤といった二項対立だけで世界を説明できるわけではないという考え方があり、女性の視点でこそ脱近代的な新しい世界観が得られるという、現代フェミニズムにも通じていて、そこにも女性読者達の希望を掬いとる要素があったのではなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/02 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/28 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/12 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/30 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/07 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/19 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/06 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/15 10:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/14 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/14 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/27 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/24 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/24 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します創元推理文庫 ランキング一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。