サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

七胴落とし(ハヤカワ文庫 JA)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1983.2
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030167-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

七胴落とし (ハヤカワ文庫 JA)

著者 神林 長平 (著)

七胴落とし (ハヤカワ文庫 JA)

691(税込)

七胴落とし

562 (税込)

七胴落とし

ポイント :5pt / 紙の本より129おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

フィリップ・K・ディックをニューロマンサー化して....などと表現するのは陳腐だろうな

2001/07/05 03:14

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆたやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 神林長平の作品を読んだのはこの作品が最初だった。
 実は、表紙で買ったのだ。当時の表紙は今と違い、人間の顔が二つに分かれ一つと化すという不思議なイラストで、その不気味さに期待を込めて買ったのだ。衝動買いと言う奴だ。

 で、読んだときに思ったのは、なんて読みづらくて、ああ、ディックに似てるな…というものだった。ディックといっても、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」といったほうの作品ではなくて、ヴァリスや暗闇のスキャナーといった作品に似た感触がそこにあった。そして同時にウイリアムギブソンの「ニューロマンサー」が頭に浮かんだ。そしてなんだこれは…と唖然とした。

 小説ってこんなことを描けるんだ。描いていいんだ。

 舌がざらつく嫌な感じがした。そのくらいこの小説は現実ばなれしたリアルさをもっていた。味覚が文字を持てばこの作品になるんじゃないだろうか…。

 扱うテーマは少年時代の妄想である。しかし、妄想は現実の力をもっている。ここまで書けばタダのホラーだ。しかしここから神林長平が書くのは、それの言語的な解析だ。種明かしはなし。全てはそれが現実であると言うことを説得するための魔術。
 おそるべき文章力。

 この作品は魔書だ。読み、そして言葉という<魔>に魅入られるがいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

編集部コメント

2003/03/05 21:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:早川書房編集部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 思春期独特の孤独と焦燥を、失われゆく感応力に仮託して描く初期代表作。羽住都による新カバー特別重版。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/30 17:25

投稿元:ブクログ

神林長平の長編二作目。1983年の作品だが、他の神林作品と同じく今読んでも全く古びていない。「感応力」を持ち互いに精神会話を交わせる“子ども”と「感応力」を失い言葉でしか会話ができない“大人”から成る世界での物語だが、大人になることを恐れる主人公の焦燥感はSF的シチュエーションから切り離しても同世代の共感を得られるものかもしれない。「感応力」を失うことは死も同然と主人公は悩むが、彼の価値観がそのまま作品の価値観になっているわけではなく、一人称作品でも話者に共感・同化せずとも読めるところが面白い。精神波を読んでもその言葉が嘘か本当か主人公には判断できない佳子の存在が、“大人”の世界ならではの魅力をはらむ妖しく強い輝きで印象に残る。

2009/03/08 16:04

投稿元:ブクログ

誕生日、おめでとう


大人になることはテレパシーの喪失を意味した
子どもたちの焦燥と不安を描く青春SF

解説 大野万紀

2011/03/21 07:05

投稿元:ブクログ

83049.365

「コインロッカー・ベイビーズ」を思い出させる。SFに形を借りて閉ざされた青春を描いたのか。文章良。

2013/05/25 20:36

投稿元:ブクログ

言壺が存外に良かったので初期の傑作と呼ばれているらしいこちらに手を出したが。面白くなくはないのだと思う。構成も文章もしっかりしていて読ませる。が、私にこういう時代があったかと云われたらたぶんなかったので、何も共感ができないし、よくわからない心理だった。忘れていてすっかり「大人」になってしまったのかな私。

2009/01/02 14:25

投稿元:ブクログ

何度も読み返してカバーがぼろぼろになったので今は剥き身です。後味は悪いよなぁと思いますが…コレに出てくる子どもも怖いですが、大人のほうがもっと怖い。多分、佳子が一番怖いと思うんだ…。精神感応できる子どもも、三日月より麻美のほうが怖い。

2010/01/31 18:20

投稿元:ブクログ

七胴落としと聞いてまず思いついたのは、七胴落としと得意技とする少年の物語とかそんなんを想像しました。
 主人公がガンガン人を殺します。しかし中々捜査する方面の方々は登場しません。主人公が頭がだいぶ愉快な人間ですが、なぜか共感できるところも多くて好感を受けました。

2013/07/19 13:06

投稿元:ブクログ

子供たちだけが持つテレパシー能力。彼らはその感応力で意識を伝達し、豊潤で危険なイメージを共有し、時に身体を交換し、時に自殺を無理強いしあう“ゲーム”を楽しむ。
しかしそれは、18歳を過ぎ、19歳を向かえ、大人になれば確実に失われてゆく能力だった。

脇田三日月は7月7日の19歳の誕生日を控え、まさに子供から大人へ変化し、濃密なイメージで繋がるコミュニケーションから切り離されようとしていた。
遠からず訪れるそれを精神的な死と解釈し、感応力を失うことを恐れる三日月は、同じ予備校に通う麻美に危険な“遊び”へと誘われ、快楽に溺れる最中にその精神波でクラスメイトを殺してしまう。
事件の後、彼らの前に現れる転入生・月子。彼女が使えと教える、三日月の祖父が持つ妖刀『七胴落とし』は、一体何を断ち切る刃なのか?

大人になること、老いること、友達とコミュニケーションできないこと、自分自身がわからないこと……未知のものに怯える思春期の不安定な心理を描くSF小説。

2011/01/31 18:14

投稿元:ブクログ

これはトップをねらえ2!の元ネタだと思う。
SF初心者にはあんまりおすすめしないけど中身はさすが
神林長平。

2013/07/10 23:45

投稿元:ブクログ

子供と子供でなくなってしまった大人。
うーん……すごいSFなのかもしれないけど……
いまいちピンとこなかった……私が大人になってしまったからか

2011/09/08 21:27

投稿元:ブクログ

神林長平の初期の長編作品、神林長平さん独特のティーンエイジの残酷さとかが見受けられる作品で、まだ新進気鋭のキレた感じが面白い、ただ他の作品と比べるとスケールは小さいかも、でも神林長平ワールドを味わいたいのなら外せない作品かと思います。

2012/11/23 21:00

投稿元:ブクログ

 感応力と呼ばれるテレパシーが子供だけにある世界。もうすぐ19歳になる主人公は、感応力を失うことに怯えていた。そんなとき、予備校の悪友から、感応力で人を殺す方法を教えられて……というはなし。

 感応力を失った大人たちが、主人公を「まだまだ若いな……」みたいな目で見る構図って、色んなメタファーになってるな。オタクを馬鹿にする元オタクとか、今だと厨二病とか。確かに主人公の言動は痛いけども、過去に自分もそうだったことを忘れて、馬鹿にしたりするのは違うよなぁと思った。

 読んでる最中、中学生のときのグツグツした思いが蘇った。この作品自体にも感応力が宿ってる気がする。

 タイトルにもなってる七胴落としって日本刀は、特に役に立ってなかった。

2015/04/21 23:28

投稿元:ブクログ

1983年版でした。
やはり閉塞感が。大人になり切れない少年のもやもやが直球で。おじいさんも良い。
SFでない普通の刑事さんは珍しい気がしてもえ。

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む