サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海は広いね、おじいちゃん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1981
  • 出版社: 絵本館
  • サイズ:23cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-87110-031-6
絵本

紙の本

海は広いね、おじいちゃん

著者 五味 太郎 (作画)

海は広いね、おじいちゃん

税込 1,320 12pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

五味太郎・創作絵本セット 18巻セット

  • 税込価格:22,990209pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どこへ行ったのか。

2016/10/16 09:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろな人(?)がくるのに、女の人の時だけ反応するおじいちゃんが面白い。最後、パラソルに乗ってどこへ行ったのか、いろいろ想像して楽しめる絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おじいちゃんと孫のとぼけた会話も楽しい、余韻の残る不思議なお話

2003/08/09 00:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうたのーと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夏です。やっぱり海です。
夏の海と空が溶けあう広々とした眺め。その気持ちよさも伝わってくる、ちょっと不思議なお話です。せっかくだから暑い季節に楽しむのがおすすめです。

 やって来たのは男の子とおじいちゃん。
男の子は麦わら帽子に海パン姿、裸足で準備万端です。おじいちゃんは長袖、長ズボン、靴履き。パラソルにイス、そして本を抱えています。海辺で読書なんて、あら、うらやましい。目的は違うけれど、それぞれやる気満々なようですよ。
 
 おじいちゃんと孫の会話で物語は進みます。
 「広いねえ、おじいちゃん」 「海だもの、そりゃ広いさ」
右端におじいちゃんと孫が小さく描かれているので、男の子の実感が伝わってきます。
青い空、入道雲も夏気分を盛りたてています。いいですねぇ。やっぱり海です。
 
 「船だよ、おじいちゃん」びっくりしている男の子、それもそのはず、空から飛んできた船なんです。ところがおじいちゃんは本に夢中。「海だもの、そりゃ船ぐらいいるさ」
孫のことばに反応しているものの、おじいちゃん、目は本から離しません。
誰かが泳いできて「コンニチワ」、孫は大喜びで「こんちにわ」おじいちゃんも「はい、こんちにわ」なかなか律儀な方のようですね。ところがやっぱり、本を見たままなんです。
 
 さて、これからがおもしろい。おかしなことを言う孫に「まさか、○○じゃあるまいし…」三度目には「すこし静かにしておくれ、むずかしいご本読んでるんだからね…」
うんうん、気持ちはわかりますけどね。読書も乗ってきたところなんでしょう(一体どんな本を読んでいるのか、それはあとからわかります)。
 唯一振り返るのは(まだご覧になっていない方のために伏せておきますが)、ハハハ、思わず笑ってしまった!こういうおじいちゃん、好きだなぁ。きちんとピントがあってるじゃない。こうでなくっちゃね。
 
 さて、ここからさらにおもしろい。おじいちゃんの変化が見ものです。
男の子のびっくりした姿とうれしそうな表情、さらに最後のふたりの会話、これが素晴らしくいいんです。

 
 表紙、中表紙からすでに始まっているストーリー、その導入の仕方、おじいちゃんの読んでいた本のタイトルが閉じた時点でわかるというタイミング。五味太郎さんならではの遊びごころ、職人技です。
 なんともいえない余韻が残る、気持ちのいい、魅力ある一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/07 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/21 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介しますあかちゃん絵本 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。