サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

竜のはなし
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1983.12
  • 出版社: 戸田デザイン研究室
  • サイズ:32cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-924710-15-6
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

竜のはなし

著者 宮沢 賢治 (作),戸田 幸四郎 (画)

竜のはなし

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「竜のはなし」が含まれるセット商品

戸田幸四郎絵本傑作集 8巻セット

戸田幸四郎絵本傑作集 8巻セット

  • 税込価格:13,824128pt
  • 発送可能日:1~3日

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今の日本に欠けている大切なものを教えてくれる類書ない絵本

2005/03/13 13:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まざあぐうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

 むかし、あるところに住んでいた一匹の竜は、力が強く、恐ろしく、激しい毒を持っていました。竜を見たあらゆる生き物は、見ただけで気を失ってしまったり、毒気にあって死んでしまうほどでした。あるとき、その竜が、良い心を起こして、もう悪いことはしないと誓いました。

 その後の竜の生き様(死に様)は、体中の皮膚がひりひりするほど心身に堪えます。わずか22ページ、言葉数も少ない絵本ですが、皮膚感覚として、また、視覚的に非常に衝撃的な印象を残します。宮澤賢治のファンの一人として、「賢治さんが伝えたかったことの核ではないだろうか」と直感的に思いました。

 戸田幸四郎さんの絵に渾身のパワーを感じます。戸田さんは「あとがき」で「生きものを愛し自然を愛し、まことの道のために、生きつらぬいた賢治の思想の大事な一面を端的に浮き彫りにしている作品ではないでしょうか。」と述べています。
 宮澤賢治の世界は、一面的なアプローチでは理解が届かないほど深遠な世界です。戸田さんは「賢治の思想の大事な一面」そして「現代社会にこそとりもどさなければならない賢治の精神」として、『竜のはなし』を描いています。
 一冊の絵本を描くために、どれだけのエネルギーと資料を駆使されたことであろうか…戸田さんの目に見えない努力に思いを馳せました。宮澤賢治作品集の中では『手紙一』という題名だった作品を『竜のはなし』と改題して絵本化した戸田幸四郎さんのただならぬ気迫を感じる絵本です。

 「わが愛する幼な子たちを、情熱的に育もうとしている若きお母さんたちに心をこめて申し上げたい。」と呼びかけて、児童文学者の花岡大学さんが語る『絵本の解説「賢治童話」の「やさしい心」』に心を打たれました。
 花岡さんは、賢治が文学化しようとして書き続けた精神を「あるべき精神」や「捨身の心」、「やさしい心」として分かりやすい言葉に置き換えています。そして、『竜のはなし』をすべてのものを文学的に受け取るナイーブな、やわらかさを持った幼児期にこそ読むべき絵本として推奨しています。
 「このあまりに類書ない宮澤賢治の絵本をとりあげ、その作品のなかにみなぎる「やさしい心」のなんたるかを、幼児たちと、いっしょにめんめんと話し合いながらまちがいなく、つかみとっていただきたい」と力説する花岡大学さんの言葉が私の心の奥底まで響きました。

 この絵本には、まず大人である私たちが自分の人生(生き様)をかけて、また精神作業をかけて向き合うべきでしょう。その人の生き様は、死に様に通じるとも言われています。「このおはなしはおとぎばなしではありません。」という賢治さんの声が聞こえてきそうです。
 ナイーブな心を持った子ども達の方が、この絵本の良き理解者であるかもしれません。子ども達と話し合いながら、子ども達から教えれられることも多いのではないでしょうか。大人である私たちも真っ白な心で向き合うべき絵本だと感じます。今の日本に欠けている大切なものを教えてくれる類書ない絵本としてお勧めの一冊です。

まざあぐうすの「ほのぼの文庫」はこちらです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「この話はおとぎ話ではありません」。宮沢賢治の真意を理解しているのか?

2005/12/26 03:24

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

素晴らしい作品ですがあえて苦言を呈してもよろしいでしょうか。
世界の誰よりも強い竜が釈迦になる話。現題は「手紙一」。人の生きる道を立派に説いている。
作品はともかく新聞の書評やこの絵本の末尾の解説に疑問を感じます。
何かの一つ覚えのように「子供達に強い優しさを!」。
では同じ宮沢賢治の「よだかの星」はどうですか。あれは決して強い存在ではないはずですが。強く優しく。すべての人がそうであれば人間がいびつである意味はないのでは?
宗教。「金や名誉や虚しい色恋沙汰より尊きは愛!正義!」
…本気で親と話し合ったことがあります。「貧乏、地位なし、愛されないを馬鹿にするなと言いながら道徳心の乏しい人間は要らぬ?テストでいい点を取るのと同様優しい心や厳しい道徳心も能力でしょう?能力のない人間を神は棄てるのですか?」「本当に価値のあるものは持たなければならない。神が認めるのは当然」…私は宗教を棄てました。
宮沢賢治の「ひかりの素足」。わけもなく「地獄行きだ」と鬼どもに責め立てられ神のごとき存在と思われる「光の足の人」すらも救い上げながら「お前たちは罪人」と断言。しかし納得の行く理由は何も書いていない。「強く優しく」。あの子供達はそうあるための生贄だったのでは。
アンデルセンの「人魚姫」も私は好ましく思えません。原作では「泡になって天国に行って終わり」ではない。彼女は死後何百年も人間の子供達に尽くし続けます。「いい子を見つけると彼女はもっと早く天国に行けるのですよ」と説いているのだから良書。しかし彼女がなぜそのような苦しみを与えられねばならない?「人間でないから普通は天国に入れてもらえない」らしい。
アンチ人魚姫とも取れる「赤い蝋燭と人魚」を書いた小川未明に敬意を表します。電車が走り始める。線路が泣いている(負傷した線路と月)。人間中心の世の中に変わって行く日本を憂いていたようです。そして赤い蝋燭と人魚では人魚の方が人間より『人の心』を持っており…破壊的結末を迎える。破壊したかったのはあくまで愚かな発想であり人間や村ではないでしょう。
強い優しさ。それを保つ代償に罪なき存在を貶めるのであればそんなものはいりません。
「小さいうちにこういうことを教えておかねば社会に迷惑をかける人間が育つではないか」。その通り。結局教えるしかない。しかしちょっとお尋ねします。
あなたたちが必要としているのは「社会に貢献できる道徳的で優しい人間が育つこと」ですか。社会の役に立たぬ無力な人間を排除する無慈悲な者達とあなたたちとの決定的な違いは何か教えて下さい。
優れた人格や豊かな精神優しさ…それも所詮能力としか思えません。必要です。ただしカネや学力と等価値くらいで。
まともな優しさや道徳にすら時に無慈悲さや愚鈍さを感じます。
宮沢賢治談「この話はおとぎ話ではありません」。この言葉の意味を考えてみて下さい。名作童話に「くだらない子供だまし」など存在しません。彼自身子供のために尽力し数々の童話を書いた。それでもあえて「これはおとぎ話ではない」と言う真意は?
私は「子供達に強い優しさを!」と書評を書く人々は誤解している、いや穢しているとさえ思います。
道徳や優しさは何のためにある?社会のためであればなんと虚しきことか。
※自サイトレビューより加筆修正

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社からのオススメ

2003/11/02 03:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:戸田デザイン研究室 - この投稿者のレビュー一覧を見る

賢治童話の知られざる名作。
多くの出版物のある賢治童話ですが、この作品の絵本は唯一これのみという珍しい作品。
壮絶なまでの“強靱な優しさ”を前に、子どもが釘付けになったという読者からのお手紙を多くいただいていります。
賢治世界の象徴的な一篇です。
本物の感動を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/01/17 21:31

投稿元:ブクログ

甥っ子に読み聞かせ。
恐竜っぽいからよく選ぶのだろうか。まだ内容は難しいようだが。
ところで私はなぜこれを買ったんだっけ?

2012/06/14 18:15

投稿元:ブクログ

宮沢賢治氏は「自己犠牲」や「捨身の心」を底辺に据えて描いている作品が多くある。それは彼の生命観、倫理観、宗教観の現れであると思うけれど、私たちが人として生きる上で決して歪めてはならない基本的な姿勢がそこにあるようにも思います。

 この『竜のはなし』(原題:手紙一)の大きなテーマは「捨身の心」だという。彼の作品の『よだかの星』や『銀河鉄道の夜・サソリの火』でもみられるテーマです。児童文学者の花岡大学氏は次のように説明しておられる。この国の教育が、長い間喪失している「あるべき精神」=「捨身の心」、いいかえれば「やさしい心」。その「やさしさ」とは、「優美なやさしさ」ではなく「強靭なやさしさ」つまり「自」を「他」に投入していさぎよく「死」に、いささかも、「はね返ってくるもの」を求めないといった、凄まじい精神のことだと云う。

 う〜ん。わからないことはないが,そうした精神を求めようと立ち上がることは容易なことではない。私はこの「強靭なやさしさ」を求める前にやらなければならないことがあるなぁと、独り善がりに感じたことは、心から悔いる事、宗教用語をあえて用いるなら、悔い改め・悔悛-かいしゅん-というのだろうか。全く心を改めること(全くの方向転換)が必要ではないかと...。

 「この竜はあるとき、よいこころを起して、これからはもう悪いことをしない、すべてのものをなやまさない、とちかいました。」

 この一文の誓いにブレがあれば「強靭なやさしさ」はもとより、多くの苦難に耐え得ることはできないのではないかと思いましたし、ある意味「やさしさ」とは、困難や苦難に耐え、越えてこそ生まれるものなのだろうと感じました。

 戸田幸四郎氏が描く絵が迫ってくる...。目に飛び込む赤々さが、わたしの心を抉ってくる...。絶対的な「やさしさ」の前に只々、畏怖を覚える。今の私にはこの「強靭なやさしさ」を持つことは正直、難しい。身を裂くほどの苦痛に耐えられそうにないから...。頑な心の今の自分ではあるけれど、いつしか竜のように「生き方」を見つめ直しながら、「強靭なやさしさ」を追い求めていくことができたらと思う。

2014/05/22 10:07

投稿元:ブクログ

捨身。宮沢賢治の理想とする生き方なのね。私は遥かに愚か者だから、自分が漁師だったら、本当はあの竜は生きていたんだと教えられて一生悔やんで自分を呪い、敬意を持って竜のお弔いをしたい。でも、竜は何も言わない、これぞ捨身なのですね。絵がまた文章に強い力を与えています。

2009/03/18 20:56

投稿元:ブクログ

悪い竜が良い志をもち死んでゆき、最後にはお釈迦様となる。
深いいい作品。是非あとがきにまで目をとおしてほしいですね。

2012/11/22 08:55

投稿元:ブクログ

宮沢賢治の書いた、ただひとつの絵本。
画は戸田幸四郎氏で、大変迫力があり力強い。
表紙を開くといきなり「このはなしはおとぎばなしではありません」という賢治の言葉が現れる。
内容はかなり衝撃的で、自己犠牲などという言葉では到底追いつかないほどだ。
恐ろしく強大な力を持った竜がある日、もう誰も傷つけないし人々を悩ませることはしないと誓う。
そこからが、大変な試練が待ち受ける。
良い行いのためには、ここまで強靭な意志が必要なのだ。
だが、何のためにと、読んだ子供たちが言うだろう。
何もここまで辛く苦しい思いをすることはないだろうと、そう言うだろう。
大人は、それに対してどんな風に応えるのだろう?
私はそれを聞いてみたい。

「やさしさ」ほど、軽く扱われる言葉は他にないだろう。
地球にやさしくだの、ひとにやさしくだの。
だが、言った当人たちは案外安全圏内にいて遠吠えしているに過ぎない。
ひとにやさしくするためには、どれほどのリスクを負わねばならぬかは、その頭には思い浮かばないのだ。
やさしさは時に力であり、それも強烈な力でなければならない。
人々の幸せのために己を捨てようという、崇高な理想の元に命を捧げた結果として、
竜はお釈迦様に生まれ変わることが出来た。
さて、世のお母様たちは、お釈迦様をどう説明するのだろう?
宗教が忌み嫌われ置き去りにされた現代で、この作品の突きつける課題はとても大きい。

2010/03/23 11:44

投稿元:ブクログ

宮澤賢治のお話を
独特の絵で楽しませてくれる戸田幸四郎さんが作った絵本。

竜が主人公のはなしで、
ちょっと不思議なストーリー。

2012/06/19 15:44

投稿元:ブクログ

力がひじょうに強く、かたちもたいそうおそろしく、
それにはげしい毒をもっていた竜。
あるとき、「すべてのものをなやまさない」と誓った竜は・・・

2014/06/11 08:22

投稿元:ブクログ

他者のために自らの身を捨てる竜。
おしゃかさまになった、とかまことの道というくだりは、賢治の仏教観が私としては少し鼻につくのですが、シンプルで骨太な絵が民話的雰囲気ですくわれるかも。
力あるものの孤独より、みんなのこころに生きる幸せを選んだと読み替えればいいのでしょうか。
(じゃすみん)

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る