サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

山家鳥虫歌 近世諸国民謡集(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1984.1
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/332p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-302421-4
文庫

紙の本

山家鳥虫歌 近世諸国民謡集 (岩波文庫)

著者 南山子 (編),浅野 建二 (校注)

山家鳥虫歌 近世諸国民謡集 (岩波文庫)

税込 836 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

この歌を、神輿(みこし)を担ぎ節つけて唄います。

2006/06/09 09:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田浦海岸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の住んでいる地域では、7月に神輿(みこし)を担ぎます。
今年(2006年)は7月15日と決まりました。
担ぎながら、ゆっくりと、ねりまわしながら国道を移動してゆきます。その神輿の重いこと。おそらく都会でだんだん軽く新しくなるにつけ、古くて重い神輿がだんだんとまわってきて、ここに落ちついたという推測を持ちます。それをじわりじわりと高齢化してくる地域住民が担ぐというわけです。
道沿いに交通整理係りに守られながら、のろのろと担ぎまわるのですが、
黙って担ぐわけじゃなくて、節つけて唄をうたいながら、気を紛れせながら、のどかに神輿とぎをするわけです。これが何ともうれしくてネ、私は担ぐのが好きなのです。
その唄が、この地域ではキタ節と呼ばれております。
今回紹介する「山家鳥虫歌 近世諸国民謡集」が、
どうやら、神輿ねりまわしの唄のルーツのようです。
うちの地域では、だいたい20ぐらいの唄の歌詞がありますけれど、
それでも、ぴったりとこの本と重なる唄は、あまりありません。
不思議ともっとダブってもよさそうな唄なのですが残念。
ちょいと似通った唄は、けっこうあります。
ちょうど、この本にも重なる唄がありました。
それは というと、
咲いた桜になぜ駒繋(こまつな)ぐ、駒が勇めば花が散る
ウチの地域では
ハ〜咲いたさく〜らに(オヤ)なぜ駒繋ぐ、
駒〜が勇めば、花が散〜る 花が散〜る(ハ〜スッチョイサー、スッチョイサー)
こんな感じで、ゆっくりと神輿を担ぎねりまわしながら唄うのです。
この本によりますと、例に引いた唄は、
こんな解説がついておりました。
「人口に膾炙した名歌。延宝6年(1678)板行の『古今役者物語』所収、踊口説(くどき)に『咲いた桜になぜ駒つなぐ、駒が勇めばノホホンノホホン、ノンホノフ、イヨイヨ花が散る花が散る』、宇治加賀掾浄瑠璃所収の歌舞伎踊歌に『咲いた桜に小鳥なとめそノホンヤ。鳥の羽風に花が散るノホンヤ』とあるのによれば、この小歌は江戸初期から、しかも『花が散る』に、美しい女が男の血気によって処女性を奪われる寓意の歌として流布したものと思われる。・・・」
と興味深い注釈がなされておりました。
たしか
司馬遼太郎著「竜馬がゆく」の中でも、
坂本竜馬が、この唄をうたっている箇所があったように思います。
さて、
私は昨年は担ぎながら途中から意識がなくなっておりました。最後に、神社へと収めた時は、我にかえったのですが、途中を思い出しても、ある間の記憶がどうしていたか途切れており(笑)。どうやら、休息場所でのお酒が利いたようです。これに懲りて、今年は担ぐのはそこそこに、ひとつ唄をうたって囃していこうかなあ。とお気楽な方を思い浮べている始末。
あと、途中の休憩場所では、男たちが踊りを披露します。
そこでは、相撲甚句などもあり、輪になってドスコイドスコイと踊るのですが、くたびれているからか、踊り好きは少なくて、毎回あまり踊る人もいないのでした。そのようにして半日。お昼から午後9時まで近在を担いで回っておわります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。