サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1984.6
  • 出版社: 朝日新聞社
  • レーベル: 朝日選書
  • サイズ:19cm/346p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-259357-3

紙の本

なぜ世界の半分が飢えるのか 食糧危機の構造 (朝日選書)

著者 スーザン・ジョージ (著),小南 祐一郎 (訳),谷口 真里子 (訳)

なぜ世界の半分が飢えるのか 食糧危機の構造 (朝日選書)

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界システムに潜む「見えない罠」〜「農業」と「援助」の視点から貧困を考える〜

2002/01/20 16:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森谷 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 どうして第三国は貧困から抜け出せないのか。どうしたら貧困から抜け出せるのか。筆者は、「農業」と「援助」のシステムを中心に、「資本主義の下の平等」というまやかしの幻想に潜む「見えない罠」を解説し、そこから抜け出す、一つの解決法を提示する。貧困と世界システムを考える上で、必読の書。

 貧困に苦しむ多くの第三国の「農業」における罠を筆者は次のように解説する。彼らは外貨を獲得し、穀物を輸入すべく、需要のある換金作物へとその土地を割り当てる。そして生産の効率を上げるために、流通ルートを確保するために、外国資本の導入を図る。しかし、換金作物政策は必要作物にあてる土地を奪うため、物価の高騰を起こしてしまう。外国資本の換金作物農場で働く人間にしても、収穫物の買い叩き、搾取などによって実質の手取りはほとんどない。人々は以前より苦しい貧困に直面するのだ、と。

 また、先進国は農業援助、留学生の受け入れなど、第三国に「援助」を行うが、その実体は「侵略」である、と筆者は説明する。それら援助は、第三国のエリート層に先進国式の考え方を植えつける役目を果たす。エリート達は自分の率いる国全体を先進国の経済システムの中で成長させようとする。結果、「農業」で陥った罠に再び陥ることになる、というのだ。

 以上が、筆者の考える貧困のロジックの概要だ。つまり、堂々巡りになっているのである。貧困という深い穴から抜け出そうと、第三国は差し出された命綱(先進国からの援助)をつかみ、必死に穴を登る。しかし実のところ、彼らがいくらそれをたぐっても、彼らがその穴から抜け出す可能性はゼロだ。必死に上まで登ってきた彼らが差し出す作物を受け取ると、先進国はまた彼らを足蹴にし、穴の底へと落としてしまうのだから。

 筆者は最後に一つだけ実にシンプルな解決法を提示するが、ここでは触れず、お読みになる方にお譲りする。いささか物事を単純化しすぎるきらいがある本書ではあるが、切り口は今でも新しいし、具体例も豊富で、飽きさせない。貧困を考える人にとっては、まさに必読の書であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/10/14 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/28 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/08 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/08 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/20 12:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/04 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/17 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。