サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

はじめてのキャンプ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 54件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1984.6
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:22cm/102p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-8340-0972-9
  • 国内送料無料

紙の本

はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)

著者 林 明子 (さく・え)

なほちゃんは、大きい子たちにまざって、ひとりでキャンプに行きたいといいました。みんなは口ぐちに「小さい子にはできないよ! 」といいます。なほちゃんは大きい子たちに負けまい...

もっと見る

はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

福音館の童話セット 小学校低学年向き 15巻セット

  • 税込価格:21,060195pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なほちゃんは、大きい子たちにまざって、ひとりでキャンプに行きたいといいました。みんなは口ぐちに「小さい子にはできないよ! 」といいます。なほちゃんは大きい子たちに負けまいと、重い荷物もひとりで背負い、まきを集め、懸命にがんばります。おいしいごはんを食べて、一日が楽しく過ぎていきます。夜、テントでこわいお話をききますが、なほちゃんはひとりでおしっこに行くことができました。「ちゃんとキャンプできたよ! 」【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー54件

みんなの評価4.7

評価内訳

紙の本

1人でできるかな?

2017/02/27 18:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリッサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の少女・なほちゃんが主人公です。
なほちゃんはキャンプに行くメンバーの中では1番小さいのですが、
1番の頑張り屋さんでもあります。
泣き言を言わず、自分の役目を果たそうとする姿に胸を打たれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

成長ものがたり

2016/06/30 09:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラジ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

6歳の息子に書店で見せたら
即、気に入っておねだりされた1冊です。

初めて、お母さんと離れて外にお泊り。
なほちゃんは、キャンプのやくそくを守れるでしょうか?
物語も挿し絵も、ほっこりと心温まります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

連れて行きたくなりました

2016/02/13 05:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんこぽりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は図書館で借りて読みましたが、3才の娘があまりに気に入った様子なので、購入。なほちゃんと自分を重ね合わせているのか、他のお兄ちゃん、お姉ちゃんとのやり取りが好きなのか、最後までじっくり聴いています。こんなキャンプ、行ったら喜ぶだろうな~と思うと、連れて行ってあげたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

はじめての冒険に出発です

2002/04/21 19:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なほちゃんはちっちゃい女の子。おおきい子と一緒にキャンプに行くことになりました。なほちゃんは泣いたりせずにちゃんとキャンプができるでしょうか?
 小さな子供にとっては、すべてのことが冒険です。ましてやはじめて親元を離れてキャンプをするなんて、大冒険です。
 なほちゃんは優しいおばさんや年上の子供たちに支えられて、冒険をやりとげ、大きく成長します。その姿は子供の共感を得るだけでなく、お父さん、お母さんの心にも響くと思います。
 読み聞かせには少し長い物語になりますが、幼稚園のお泊まり保育やキャンプなどではじめて親元を離れることに不安を覚えるようなお子さんに、前もって読んであげるには最適です。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもとのかかわりかたを学ぶ。

2000/08/04 13:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まーしゃ@B◎◎KRACK - この投稿者のレビュー一覧を見る

 はじめてのキャンプを通して、大きく成長する女の子のお話です。

 「なほちゃん」はちっちゃい女の子。おとなりのともこおばさんが大きい子たちをキャンプに連れていくと聞いて、「わたしもいく!」。大きい子たちは「ちっちゃいこ」がいっしょに来ちゃだめな理由をあげて、嫌がりますが、なほちゃんががんばるというので、連れていってもらえることになりました。

 たくさんの荷物をもって、さぁ、キャンプに出発です!

 なほちゃんもたくさんの荷物をもっています。大きい子たちもたくさんもっていますが、どんどん先にいってしまいます。誰も助けてなんてくれません。なにしろ、なほちゃんは「おもいにもつをもってあるける」と言って、キャンプに参加しているんですもの!

 ちょっと遅れたけれど、あきちゃんといっしょに河原につくと、みんなはテントを張っているところです。なほちゃんが川に足をひたしていると、すべって転んでしまいました。もっくんが「ちっちゃいこはすぐなく」といって起こしてくれましたが、なほちゃんはいいます。「ないてなんかいないもん、ぬれてるだけだもん」。

 今度は、薪集めです。なほちゃんはなかなか見つけられません。ゆうちゃんに「やっぱり、ちっちゃいこは、まきをあつめられないんだな」なんて言われてしまいます。でも、なほちゃんは、とっても大きな薪をみつけることができました!

 みんなでつくったおいしいごはんを食べて、だんだん暗くなってきました。キャンプファイヤーをして、花火をして、テントの中で、おばさんにこわいお話をしてもらって、もう寝る
時間です。

 みんなが寝静まった後、なほちゃんはおしっこにいきたくなりました。おばさんに声をかけますが、起きてくれません。なほちゃんは、「くらいそとに ひとりで おしっこにいける!」といってキャンプに参加しています。外はまっくらです。ひとりでいけるかな?

 初めてのキャンプでがんばるなほちゃんのお話です。なほちゃんがわくわくしたり、くやしい思いをしたり、歯を食いしばってがんばったり、誇らしい気持ちになったりしているのが、伝わってきます。なほちゃんもすごくがんばっているし、それをまわりもさりげなーく支えてくれているのも、よくわかります。

 絵本というより、短い読み物のかたちをとった本ですが、挿し絵のなほちゃんやまわりの大きい子の表情がとても豊かに描かれています。

 この夏、たくさんの子どもに、こんな経験をしてほしいなあと思います。おとなも「さりげなーく支える」ということを勉強しなくちゃ、と学ばされる1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/17 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/29 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/23 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/26 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/14 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/08 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/17 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/02 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/14 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/21 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典・童話 ランキング

古典・童話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む