サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1984.7
  • 出版社: ほるぷ出版
  • サイズ:26×28cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-593-50181-4
絵本

紙の本

ジュマンジ

著者 クリス・バン・オールスバーグ (さく),へんみ まさなお (やく)

【コールデコット賞(1982年)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

ジュマンジ

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

映画化されて

2007/09/02 10:57

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画に関しては 僕は決して ハリウッドが1番素晴らしいとは思っていない。
 どちらかと言うと欧州の映画の方が好きだし 邦画に至っては 偏愛している方だと自負している。そんな僕でも 米国の映画には 時として ため息が出ることがある。それは SFXの技術に対してだけではなく 映画の背骨ともいうべき脚本に関してだ。


 映画「ジュマンジ」は 小生も感心してみた一本だが その原作が この絵本だ。
 薄い絵本であると言って良い。勿論 絵は素晴らしい。オールズバーグの真骨頂は「絵」にあることは 論を待たないと思う。見ているだけで 本から光が溢れ出すかのような「絵」を描ける人は そんなにいない。


 但し この薄い絵本から かの映画「ジュマンジ」を作ってしまう米国の映画業界の自由な精神には感嘆するしかない。


 ところでオールズバーグの真骨頂は「絵」であると書いた。しかし これもちょっと訂正が必要かもしれない。それほど ジュマンジの筋立ては面白いからだ。彼のストーリーテリングにも相当な才能がある。それがハリウッドを動かしたことは間違いない。少なくとも「絵」から 映画を創ろうと思ったわけではないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゲームの楽しみ方は?

2001/03/25 03:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジェシー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ボードゲーム」…我々はゲームの中に身を投じサイコロの目に運命を委ねる。そこで我々は様々な体験をすることができるのである。幸せな人生、スリルに満ちた冒険の世界、大金を手にしたり、会社を経営したり、軍隊を指揮したり、何でも可能なのである。また我々はそれをいつでも止めることができる。やり直すこともできる。リスクなどない。あくまでそれはゲームなのである。

 しかし、もしそれが現実に起こったら。この絵本は奇想天外な発想に始まる。ゲームの指示書きにあることが現実に起こったら。

 「ジュマンジ−ジャングル探検ゲーム」…見慣れた家の中が突然ジャングルに変わってしまったらどうするだろう。最も安全なはずの家が突然危険なジャングルに。次はどんな危険が迫ってくるのだろう。
 ピアノの上のライオン、ダイニングテーブルの上の猿、暖炉の上の蛇、現実の中にある非現実性が神秘的かつ独特な白と黒の表現で読者に迫ってきます。

 読者は知らぬ間にこの絵本の中に吸い込まれていることでしょう。なぜならこの絵本自身が「ジュマンジ」なのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画は映画の、絵本は絵本の面白さがあると思います。

2002/11/04 00:24

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くーぱー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この物語は言わずと知れた映画「ジュマンジ」の原作です。ただ映画とはあらゆる点で異なります。登場人物も違うし(主人公が違う)、ストーリーも違う、それにこの物語が醸し出しているトーンみたいなものも明らかに違うと言えます。
 どちらが面白いかなんてことはもちろん読む人によって違うのだろうと思います。ただ僕としてはどちらも面白いです。映画は映画の、絵本は絵本の面白さがあります。
 それにもうひとこと言わせていただければ、どちらかというとこの原作の絵本の方が何かを含んでいて、何かを残してくれる気がします。そして僕はそれこそが大事なんじゃないかと思うのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/02 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/11 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/08 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/21 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/21 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/29 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/01 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/14 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/03 01:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/11 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/12 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。