サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

昔話の深層
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:教員 一般
  • 発行年月:1983
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:20cm/353p
  • 利用対象:教員 一般
  • ISBN:4-8340-0704-9

紙の本

昔話の深層

著者 河合 隼雄 (著)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

それでもやっぱり昔話

2002/11/13 19:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaishubako - この投稿者のレビュー一覧を見る

このところ昔話やおとぎ話から神話にいたるまでたくさんの解説書が出されています。それらの中から、ほんとうに自分にピンとくる内容を書いている1冊を見つけるのは容易なことではないのではないでしょうか? この本では、ユング心理学における昔話の読み方について紹介しており、昔話の心理学的な考察について読みたい人にはおススメです。全般に使われている言葉はけっして難しくありませんが、いわゆる心理学用語が用いられてる個所も多く、それらの言葉にまったくはじめて触れる人にとっては難しく感じることもあるかと思います。それでも、独立した章立てになっていること、巻末には引用した童話が収録されているなどの工夫があり、一見の本の厚みのわりにはおどろくほど読みやすいのではないでしょうか。また、これを手がかりにもっと詳しく読んでいきたいと思った人には、章ごとにまとめられている参考文献もとても役立つのではないかと思います。昔話のおもしろ裏話や、グリム兄弟などの昔話編纂者の意図・歴史的背景といったことを読みたい人にはもっと他の本が適当かと思いますが、ユング心理学的な考察に興味をもっているけど、いきなり専門書は…という人にはとてもいい本だと思います。この本を読んだあとに次はどれを読もうかなあと、先が楽しみな本の1つだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真相を知りたくないけども

2002/01/20 15:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 専門的すぎる本でありました。最近、童話の裏の話、いやほんとうのと解説がついた本が相次いで出されて話題になっていたが、こちらの方がこわいかもしれない。グレートマザーだの ユングだの心理学の専門書かと思わせる。ともかく、童話がなぜこうも広く読まれているのか丁寧に解説してくれている。そして、長年の課題である自分とは何かという心の問題に、たいして回答が得られたような気もするところもある。読み進みたくないけれど、何故か先を知りたくなる本とでも言ったらいいか。
 注文をつけるならば、もう少し大きな活字が読みやすいだろう。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/01 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/13 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/06 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る