サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ものがたりを楽しもう~作家と編集者がお薦めする この夏読みたい、ものがたり~ ポイント5倍キャンペーン(~8/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 教育・学習参考書の通販
  4. 学習参考書の通販
  5. ごま書房の通販
  6. ホイホイ勉強術 心理学が裏付けた試験必勝法の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ホイホイ勉強術 心理学が裏付けた試験必勝法
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:高校生
  • 発行年月:1981
  • 出版社: ごま書房
  • サイズ:19cm/225p
  • 利用対象:高校生
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可

紙の本

ホイホイ勉強術 心理学が裏付けた試験必勝法 (ゴマブックス)

著者 多湖 輝 (著)

ホイホイ勉強術 心理学が裏付けた試験必勝法 (ゴマブックス)

788(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

私はこの本のお陰で受験戦争を勝ち抜きました

2009/10/15 08:55

9人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は中学二年生まで全く勉強しなかった。もちろん小学校の頃から図鑑好きで、およそ世の中の図鑑という図鑑を読んでいたので理科なんか全く勉強しなくても常に「5」であった。小学校の理科で習うことなんか、だいたい小学校3年生くらいまでに全て頭に入っていた。でも、それだけだった。あせったのは「高校受験」というものが存在し、そこで日本では人間のふるいわけがなされ、その後の人生が進学する高校でかなり変わってくるという現実を知ってからだ。しかも中学3年生の2学期の成績(東京都立高校ではこの時期の通知表が内申書の中でも重視される)は、だいたい中学2年生の成績で決まるといわれた。しかし、それまで全く勉強するクセがついていないので、これを「受験モード」に切り替えるには相当な困難を要した。この時、母が買い与えてくれたのが、当時、新聞にも広告が出ていた本書だった。

本書は、文字通り「私の人生を変えた」。

受験勉強とは、かなりの部分、「メンタルスポーツである」といえる。まず、「なぜ勉強しなければならないのか」を自分に納得させる動機付けが決定的に重要である。次に、「幾らやっても駄目なんじゃないか」と諦め、不毛感に端を発する怠け心を抑え付け、自分を勉強に向かって動員し続ける「持続力」が重要である。ヤンキースの松井秀喜選手が「努力することが出来るのも才能のうちだ」と言ったのは至言で、大半の人は「どうせやってもムダだから」「自分は頭が悪いから」と、自分で自分を諦め、途中で努力するのをやめ、勉強を放棄してしまうのだ。だから結果として本当に「勉強が出来なくなる」のである。

本書は、心理学の観点から、受験生を襲う、こうした「心理的恐怖」「勉強放棄へ誘惑」に如何に打ち勝ち、自分を励まし、受験勉強に向けて己のエネルギーを同意していくかのヒントが書いてある。これが非常に有効で、私の場合、本書を読み続けることで、「もう、駄目なんじゃないか」という恐怖を克服することが出来、最後まで受験勉強をやりぬくことが出来、結果として全ての志望校に全部合格することが出来た。

「門前の小僧、習わぬ経を読む」の故事が示すとおり、受験勉強の要諦は継続であり努力である。暗記ものなら覚えるまでやりぬく、数学なら解けるまで反復するのが基本だ。もちろん基礎理論の理解抜きの「クソ暗記」は駄目で、要するに教科書に書いてある「基本のキ」からはじめて、基本問題、応用問題、試験の過去問題と進んでいかねばならない。何にもまして重要なのは「基本の理解」で、頭の中にピラミッド状の「知の体系」を構築していかねばならないのである。これには膨大な時間が必要であるが、基本さえ構築すれば、その後の勉強の効率は加速度的に上がってくる。ここにたどり着くまで自分を動員し続けられるかどうか、ここが「勝負の分かれ目」なのだ。受験勉強を勝ち抜いてみて分かったことは、「実はちゃんと勉強している人は世の中にたいしていない」ということだ。なぜそう思ったかというと、準備不足でぎりぎりで何とか合格を果たした高校受験時には、ほとんど手も足も出なかった駿台予備校の模擬試験が大学受験時には簡単で易しくて、どの試験(英語、国語、数学)も30分は「時間が余る」状態になっていたからだ。「駿台も、あまりに高度な問題を出しすぎて生徒が寄り付かなくてひよったのかな」などと試験時には想像していたが、返ってきた成績表を見て驚いた。どのテストも偏差値が70を越え、最難関校の合格可能性80%以上の判定が連続するようになったからである。これもすべて本書のお陰である。同じ著者による『スイスイ受験術』との併読をお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大学受験 ランキング

大学受験のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む