サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英語熟語笑辞典
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:高校生 一般
  • 発行年月:1983
  • 出版社: 英友社
  • サイズ:18cm/535p
  • 利用対象:高校生 一般
  • ISBN:4-7562-1000-7

紙の本

英語熟語笑辞典

著者 郡司 利男 (著)

英語熟語笑辞典

2,052(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

英語の勉強に飽きたときなど,片手間に読むのには最適

2003/07/21 00:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BCKT - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は1923年(鹿児島県)生まれ。(旧)東京文理科大学卒業(現在はどこ?)。独協大学教授(当時)。著書に,『英和笑辞典』(研究社),『英語笑辞典』(光文社)など。訳書に,ビアス『悪魔の辞典』(こびあん書房)など。手許のは88年版(15刷)。手堅く売れつづけている。著者43歳時の作品。

要するに,熟語小事典の「小」の字を「笑」に代え,諧謔と皮肉と差別に溢れた例文が添えられている辞典。というより,著作。普通の辞書をひくように,ひけるわけではないから(もちろん,ひくのは自由だが)。とうぜん配列は,一般辞書と同じくアルファベット順。

「Virtue would not go far if vanity did not keep it company.」(もし虚栄がお供をしなければ徳も多くを成し遂げまい(La Rochefoucauld,86-7頁))

とか

「Life is one long process of getting tired.」(Samuel Butler,484頁)

は,皮肉な諧謔。

「When a woman becomes a scholar there is usually something wrong with her sexual organs.」(Nietzsche,533頁)

などは典型的な女性差別だが,ニーチェ(とその時代)の女性観の一端を伝えているという点でも面白い(ニーチェは恋に思い込みが激しく,初恋の女性に告白もできず,独りオナニーでもしてたような生活を送ってたらしい)。女性学者の女性器を見たことがあったんか?と突っ込みを入れたくなる。

「He who can, does; he who cannot, teaches.」(できる者は,する。できない者は,教える(Bernard Shaw,463頁))。

“目指せ東大!”などと叱咤しながら教壇に立つ受験校の三流大卒の教師や理論を説く大学経済学者,結果が出てからしか評価できない評論家などには,これは不愉快で笑えないだろう。経済学と言えば,「It’s called political economy because it has nothing to do with either politics or economy.」(Leacok,327頁)などという茶化しもある。

「The first mistake in public business is the going into it.」(公共事業の最初の誤りは,それに入ることである(Benjamin Franklin,197頁))とあるが,これは史上著名な政治家=フランクリンである以上,「public business」は「公共事業」ではなく「政治活動」と解釈すべきはないだろうか? そう解釈すれば,「the going into it」も「政界に入る」と解釈でき,平仄が合うような気もする。決定的な誤訳としては,「surgical operation」が「外科手術」と訳されている点(337頁)。別宮貞徳氏なら,“じゃあ,‘内科的手術’というものが存在するのか?”と言われそうなミス。

「イギリス人にとって,clever(りこうな)といわれるのは最大の屈辱である」(345頁)なんてのは知らなかった。経済決定主義者としてちょっと?だったのは,歴史上初の経済学体系=『国富論』の有名な件。「Man is an animal that makes bargains; no other animal does this ------ no dog exchanges bones with another.」(Adam Smith,148-9頁)。ここは笑うべき箇所だったんだろうか? スミス研究者で,これを可笑しみの記述として解釈している人がいるんだろうか?

出版物としては,索引がないのが最大の欠点。つぎに,著作末にでも,例文が採用された著名人の一覧表(と簡単な紹介)でもあって然るべき。誤植もあったが,20年以上も放置されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

単語・熟語・慣用語 ランキング

単語・熟語・慣用語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む