サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人とこの世界
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1970
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/314p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可

紙の本

人とこの世界

著者 開高 健 (著)

人とこの世界

810(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

文章による肖像画集! 開高健さんだから聞きだすことできた話

2009/10/28 16:36

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の開高健さんは言う。「文章による肖像画集と呼ぶべき性質のものかと思う。」
武田泰淳氏、金子光晴氏、深沢七郎氏、井伏鱒二氏、田村隆一氏…などなど、まだ若かりし頃の開高さんが、大物の、その懐の大きさに飛び込むようにして、インタビューに挑む。

私としては、やはり井伏鱒二さんのところが一番気になる。
「中央線沿線ならどこにでもありそうな、昭和初期に建てた古さをあちらこちらに見せている、庭に木のある家である。木がおびただしいので家がすっかりかくれて見える。朽ちたような感じの門柱に一枚の名刺が張りつけてある。門標はない。名刺はよれよれになって反ったままになっていて、マジックか何かで、めんどうくさそうに”井伏”と書いたきりである。」
冒頭の文章で、私も井伏家に同行した気分になった。うなるほど、いい。
そして、井伏さんと言えば、『飾りらしい飾りの何もない、簡素そのものの仕事部屋らしき部屋に、和服を着て掘りゴタツに入っている。「オーバーを着たまままで」』でいるのだ。
ありのままが書いてある。そのなんとユーモラスなこと。
読みながら、にんまり。
なんでも井伏さんはストーブなどであたためられた空気が好きではなく、さらに部屋を改造するのがめんどうであるらしい。
その情景がありありと目に浮かぶ。そしてまた、にんまり。

「井伏鱒二氏の眼はなにげない、晴朗なるべき釣りの話をしながら、ときどき、ふいにギラギラしだし、フッと消えてなごやかになり、という風であった。」
読みながら、おお!と思った。
そして、「氏の作品の味の一つには”ふくみ味”、”かくし味”と関西の料理名人たちが呼んでいるものがある。書いたものよりもはるかに多くの書かれていないものが作品の質や魅力を決定しているのではあるまいかと思われる。」とあって、そうなのだよなぁと大いに共感した。
井伏さんと面と向かってしか味わうことのできない貴重な瞬間を切り取った。
ぞくぞくする瞬間だ。

井伏さんに限らず、開高さんだから聞き出せた話、引き出せた魅力が多かったのではないかなぁ。

最近の「NHK週刊ブックレビュ」ーで、開高健没20年の特集をしていました。あれもこれも読みたいと思った中の一冊、です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む