サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

菩提樹の蔭 他二篇(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1984.12
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/209p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-310513-3
文庫

紙の本

菩提樹の蔭 他二篇 (岩波文庫)

著者 中 勘助 (作)

菩提樹の蔭 他二篇 (岩波文庫)

605(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

菩提樹の蔭
郊外 その2
妙子への手紙

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「文学のふるさと」のようなメルヘン

2009/10/19 12:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:analog純 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 少し前(かなり前?)の話題ですから、今はどうなっているのか分かりませんが、岩波書店がインテリゲンチャ(この「インテリゲンチャ」ってどんな人達なんでしょうか。文化人とか大学教授とかですかね)に、「岩波文庫の中でもっとも心に残っている作品は何?」とかいったアンケートをしたら、中勘助の『銀の匙』が一等賞に選ばれて、岩波側もビックリした、といった記事を読んだ事があります。

 何となく感じがよくわかりますね。
 「えー、まさか一等賞?」という感じと、「そう言われれば、なるほどねー。」という感じと、両方において。

 漱石の絶賛による『銀の匙』、私も読みました、若かった頃。
 でも今振り返ってみると、その頃はたぶん、もう一つ面白いとは感じなかったんじゃないかと思います。
 しかしあの頃は、今に輪をかけて「軟弱者」でしたから、漱石が絶賛している以上面白くないわけがないと、たぶん、思っていました。(うーん、我が事ながら、非常に情けないですねー。)

 今考えますに、中勘助の作品の凄さというのは、既存の作品からの影響関係がほとんど読みとれないような圧倒的なオリジナリティーに、その根拠があるんですね。
 「漱石が言ってるんだからその通りだ。」という思考の極北であります。反省。

 で、『銀の匙』については、分かったような分からないような感想を持ちながら、その後私は、同じくその頃岩波文庫にあった『犬』という小説を読みました。

 この小説は、衝撃的でしたねー。
 どう衝撃的だったかというと、「衝撃的」としか言えないような衝撃の具合です。うーん、すごかった。(「阿呆」のような文ですね。)

 かつて、深沢七郎が『楢山節考』で中公新人賞を取った時、選考委員をしていた三島由紀夫が、絶賛しながらもしきりに気味悪がったという話があります。
 自らを三島に例えるつもりはさらさらありませんが、この「愛欲」の極みを描いたような『犬』も、気持ちの悪い事この上ありません。

 でも、これも圧倒的なオリジナリティーの産み出した物だと考えると、あの、「メルヘン」そのもののような『銀の匙』と同作者だと納得がいきます。
 オリジナリティーとは、本来、無色透明な価値であります。

 中勘助は、全体に、「気味の悪い」作家です。
 ただ、この「気味の悪い」という表現は、なんと言っても、褒め言葉です。

 そもそも優れた作品はどこか気味が悪いですね。
 上記の『楢山節考』しかり。詩においても、萩原朔太郎の『月に吠える』は言うまでもありませんが、一編一編の作品でも、例えばサトウハチローの『小さい秋見つけた』なんてのも、少し気味の悪いフレーズがあったりしますよね。

 結局この気味の悪さは、「剥き出しの生」というものに直接触れた作品の持つ共通項ではないでしょうか。
 つまりは、「生」こそが「気味が悪い」、と。
 まるで、太陽は直視できない、というのと同様でありますね。
 なるほどそう考えれば、比較的ナチュラルに感じられます。

 ともあれ『菩提樹の蔭』も、どこか「気味の悪い」作品です。
 メルヘン仕立てになっていますが、子供向きとは思えません。(いえ、やはり子供の方が、読者としてはいいのかも知れません。)
 舞台は昔の印度ですが、いかにもそんな民族衣装の似つかわしい、何か、「氷の彫刻」の様な作品です。

 そういえば、坂口安吾が、『伊勢物語』の有名な「芥川」の段を取り上げて、この冷たさと美しさこそが「文学のふるさと」だと、言っていました。

 このメルヘン、やはり「文学のふるさと」の一つかも知れません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/16 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/19 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/10 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。