サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

序の舞 下(朝日文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.1
  • 出版社: 朝日新聞社
  • レーベル: 朝日文庫
  • サイズ:15cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-02-260301-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

序の舞 下 (朝日文庫)

著者 宮尾 登美子 (著)

序の舞 下 (朝日文庫)

756(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

京都が好き、日本画について知りたい、芸術と家庭の両立は可能か——といったことに興味向く人に十二分に読みごたえある大作。

2001/11/22 12:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本のモデルとなった美人画家の大家・上村松園の作品は、図工の教科書とか新聞・雑誌の記事、あるいは美術館の常設展やカレンダーなどでそれと意識せず見てきた記憶がある(ピカソでもルノアールでも東山魁偉でも、有名画家の作品との出会いというものは、特に美術好きでなくとも、どこということなく接点ができるようにあちこちに用意されているものだから)。
 その記憶に残るどれもが、女性の内に秘めた情念やおどろおどろしいもの、あるいは意地の悪さといったものを感じさせない、凛とした品の良い清々しい姿と表情である。小説でも音楽でも陶芸でも、表現に向かわざるを得ない芸術肌の女性が作り出す世界であれば、そこにめらめらと燃える炎が迫ってくるような作品に心奪われる。いかにも、自分のなかのわけのわからない衝動に突き動かされて作らされたというような存在感が、その作品の価値であるかのように思ってきた。
 ところが、激しい嵐のような生涯や制作姿勢がこの小説には書かれているというのに、残された作品にあるのは、はんなりと艶やかではあっても、鴨川のせせらぎのような静けさ、ぽんと響きわたる鼓やぴいーっと伸びていく笛の音ののどかな音の調べだったりする。そこのところを解説の磯田光一氏が、主人公の津也には女性の生命感の燃焼は訪れていないとして、「むしろ情熱を秘めて耐えていくストイシズムのほうが、津也にはふさわしいのである」と説明していて、なるほどなと思った。
 上巻で、恩師・高木松渓の子をみごもった津也は、それを彼に告げることなく出産ののち里子に出す。そして幼き子の病死を知らされて、絵の道をまっとうするために下した選択のむごい結果に胸ひきさかれる。下巻で再び松渓の子をみごもった津也は、母の思い切った英断により、未婚の母として子と暮らしていくことを決意する。育児は母が引き受け、台所の用事は出戻りの姉が引き受けることになったので、津也は一家の主として絵を描くだけであるが、そこには、私生児を生んだことに対する世間の冷たさがあり、子の父が松渓であるのか、今の師の西内太鳳なのかと面白おかしく噂する京都画壇や関係業者の築く壁がある。いったんはそれで干された松園だけれど、陰ながら応援してくれる芸妓の口添えがきいて、良家の娘たちに絵を教えたり、自分の子ではないと確認した太鳳の破門取り消しにより息を吹き返す。そして、認知してくれない松渓の向こうを張って画業に邁進し、師に追いつき追い越していくのである。
 直接表現として恨みがましい絵は描かない。能の幽玄を借りて描いた生霊が、新境地と評価されるステップはあるものの、一貫して静かで雅びな女性像を対象としていくのだ。そこに象徴としてのテーマを潜ませながら…。功成り遂げてから得た年下の男性との恋も、つまらない世間の噂によりこわされてしまい、その無念も絵に昇華させていく。反抗期を経て、津也の絵を批判し始めた息子にも歯をくいしばる場面が出てくる。が、やはり還っていく表現は変わらない。
 これほどの激しさのなかから舞い上がって達した境地として、改めて上村松園の作品群を確かめてみたいと思った。

 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

朝日文庫 ランキング

朝日文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む