サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ひとめあなたに…

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひとめあなたに…(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 59件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.1
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/347p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-160001-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ひとめあなたに… (角川文庫)

著者 新井 素子 (著)

ひとめあなたに… (角川文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー59件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

運命の一冊

2002/07/31 16:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:巴子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一週間後に滅びる地球。不治の病に陥った恋人に会うため、東京から鎌倉まで歩く女。愛する夫を殺しシチューにする女。ふかふかの毛布にくるまり公園で眠る少女、あるはずのない受験勉強を止められない少女。生まれくる子供を助けるため、昔の男のもとに走る妻。

彼女たちは静かに狂っている。でも、狂う理由に納得してしまう。それくらい、新井素子は狂気を書くのが上手い。
今まで読んできた中で、私にとって一番印象深い作品。(15歳という、多感な時期に読んだせいかもしれないが。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後に会いたい、ひとめ会いたい

2002/05/20 20:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

地球が一週間後に滅んでしまう! 狂気の中をくぐり抜け、愛しいあなたに会いに行くまでの物語。男友達には押し倒され、愛人の元へ行こうとした旦那を煮込みながら旦那の帰りを待つ妻など狂った人々に脅かされながらも進む主人公の姿が健気だ。それだけに、ハッピーエンドと言い切れないエンディングはせつない…。10年以上前に読んだ作品だが、表紙絵が初版時から変わっていないのを知って嬉しくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

SF

2001/11/21 13:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 地球が後、一週間で滅んでしまう。というスケールの大きな設定なのですが、その割にはSF的要素は少なめかもしれません。科学者や、宇宙船とか、全然でてこないので。映画とかにありがちなストーリ展開を、予想しがちですが、そういった話ではありません。むしろ、日常にひそむ、狂気が、何かきっかけがあれば、こういうふうに暴走してしまう。という、心理的な恐怖を書いた話です。なんとなく、読んでいくうちに、最後は、もしかして夢オチでは?と思ったのですが、違いました。でも、本当にこの本の中では地球は滅んでしまうのでしょうか? ラストは、その設定がうそのように、悲壮感が全然ありません。なんとなく、話の続きは、助かるんじゃないかな。みたいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

地球が滅亡する前に

2002/07/19 01:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほおずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 地球滅亡まで、あと一週間。人々は自暴自棄になり、交通機関は麻痺。そんな中、圭子は、一方的に別れ話をつきつけてきた恋人に会いに行くために、練馬から鎌倉まで歩いて行くことを決意した。途中でどこか狂った様々な女性と出会いながら、ただ恋人にひとめ会うためだけに圭子は歩き続け、そして……。

 ホラーではないけど人が狂ってる姿というのはやっぱり怖い。ラストはどうなるのか、最後のページにたどり着くこと自体が怖かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/11 23:50

投稿元:ブクログ

「とにかく、珍しいくらい人なつっこい人。入学式の日から、クラス全員を名前のほうで呼び、全員の親友みたいな顔をしてる人。」

「あたしね_おそらくあたし_地球が亡ぶってニュース聞いて、この世の中でただ一人、しあわせなのは、あたしだけだと思うの。ほんっとに」

私は、ハッピーエンドの小説が好きだ。読んで読み進んで泣かされる事があったとしてもその先にハッピーエンドがあればと絶対期待している。本の中でさえ絶望させられたら死んでしまう。狂って壊れていく女性を描くのが好きだと新井さんは言う。狂って壊れていく女性は美しいって。うえっ、て
思う。狂気に満ちて、自分を見失ってる状態が美しいだなんて、考えられない。それに不謹慎だけど、地球が一週間後に亡ぶって聞いて、しあわせなのって言ってしまう、気持ちが判ってしまう。

「あたしは、ね。走ってきたの。走ってんの。ずっと。もうすっかり加速がついちゃったの。だから、とまれないの・・・・・・」

この気持ちも判ってしまう。真理は恋に走ってたわけじゃないんだけど、真理みたいにレールの上を走る事しかできなかったわけじゃないんだけど、とまれないというより止まりたくない気持ちは判る。

痛い、痛い、痛い。読んでて途中痛くてひといきには読めなかった。スプラッタ物が若干苦手なんだけど、えぐぐはない。けど痛い。でも判る。泣く。泣いてしまう。でもよかったひとめあえて。

2012/11/18 20:53

投稿元:ブクログ

これ今読み返してもほんとすごいなー。ぎりぎりの最後、それぞれの形で愛とエゴを膨れ上がらせていく女性たちの姿。
中でもお気に入りは当然ゆりこさんとまりちゃん!

2005/07/01 01:04

投稿元:ブクログ

私は新井素子さんの作品が大好きだけど、これは一番好きかもしれないです。世界が終わるとう時に愛する人のところへ向かう主人公と、辿り着くまでに出会う色んな人の愛の狂気だったり生き方とか・・・うん、好き。

2005/06/29 16:15

投稿元:ブクログ

グリーンレクイエム内『宇宙魚顛末記』の続編。世界が滅びる前に大好きな人に会いに行く話とその過程の短編連作。
……と書くと綺麗な話のようですが、その道中に出会う女性たちが凄すぎます。特に『あなたのためにチャイニーズスープ』はトラウマ確定間違いなし。あそこまで他人を愛せるのって凄いと取るか、怖いと取るか。私は後者でした。無理だよ……
受験生の女の子の話もお薦め。

2005/07/20 13:32

投稿元:ブクログ

モザイクを……その破片を一つの絵につないでいく作業、いろんな場所でそれぞれの人生を歩んでいる赤の他人の物語と、一人の圭子という少女の物語と、一見短編のよーでありながら長編を構成していくという手法の勉強しよーと思って読んだんだけど、最初に読んだ時のような感動がないのよ。ちくそー!"人を好きになるってのはまるっきり弱くなってしまうことなのだろうか"今回の発見はこれくらいかな。人に依存しない人の愛し方って難しそう。'90

2005/11/24 22:42

投稿元:ブクログ

地球崩壊まであとわずか。あと数日で巨大隕石がおちてくる・・・事実を知り壊れゆく人々。それに負けない主人公の真っ直ぐな愛情と情熱。とても読み甲斐のある作品だと思います。

2005/11/20 11:47

投稿元:ブクログ

もし地球が一週間でなくなるとしたら…。
何をしたい、誰に会いたい。
主人公がすれ違う人々の純粋な狂気が日常のそばにあるような気がします。

2007/03/25 19:38

投稿元:ブクログ

「“明日、世界が終わる”という夜に読みたい本」ランキング三位(ダ・ヴィンチ2006年6月号)。地球滅亡まで後1週間という設定だが、SFという感じはあまりしない。人がドタバタ動く訳でもないし。こんな風に終末を迎えられたらと、そう思うのも当然だろう。

2006/02/07 01:49

投稿元:ブクログ

これも数少ない好きな恋愛小説の1つ。人を食べちゃうシーンとかあって、かなりギョッとするけど、素子調の文体で毒々しさがないのがgood!

2006/02/18 01:25

投稿元:ブクログ

新井素子ワールドを初体験するなら、この本がお勧め。
地球さん、最後の一週間。
そんな設定なら、向かってくる隕石と戦ったりするストーリーを思い浮かべがちだけど、違うんです。
最期の一週間、狂気の中の女たち。怖いです。
でも、わかる。
うん、女って、すごい。

2006/02/27 14:13

投稿元:ブクログ

初めて読んだのは小学生のとき。
新井素子さんの本を読み漁りました。
地球最後の一週間に、最愛の人に会いに行く女の子のお話。
連作形式になっていて、中でも『チャイニーズスープ』では、女の人って怖いと思った。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む