サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 角川書店
  6. 角川文庫
  7. 牛馬解き放ち 太政官布告第二九五号

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

牛馬解き放ち 太政官布告第二九五号(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.1
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/376p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-140749-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

牛馬解き放ち 太政官布告第二九五号 (角川文庫)

著者 西村 寿行 (著)

牛馬解き放ち 太政官布告第二九五号 (角川文庫)

497(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

牛馬解き放ち

648 (税込)

牛馬解き放ち

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

前しか見えない、前のめり過ぎる生き様が、明治政府を動かしたか

2006/02/04 19:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

 江戸末期、横浜に住んでいたヘボンが、出入りの大工に茶飲み話でアメリカでの奴隷解放や大統領選挙、それに自由についての話をした。すると若者はそれを理解した。肥前の百姓から江戸の親方のところへ、七つの時に売られて来た男だった。奴隷だ。
 口が早くて、手が早くて、足が早いのが身上というその男は逃亡し、中山道の宿場で飯盛女を買う。飯盛女は、越後の百姓から借金の質に売られてくる。14、5歳になると店に出され、骨を細くするために粥しか食わされず、繰り返し病に冒されて20歳前後には脳毒で死ぬ。奴隷だ。牛馬以下にしか扱われない。
 公武合体で16歳の皇女和宮が家茂へ降嫁する行列が中山道を通る。2万数千人の行列であり、支度は街道沿いの藩が持つ。村落の疲弊は夥しい。皇女も飯盛女も同じ人間、同じ女ではないのか。
 男は飯盛女を連れて砦に立て籠り、1人で奴隷解放の戦いを始めてしまう。幕府との戦争だ。
それから時代は移り、幕府は倒れるが、明治政府の圧制はさらに容赦ない。信州は一揆の嵐が吹き荒れ、奴隷解放のために戦う男も渦中に身を投じる。そしてここからの物語は別の作品「虚空の影落つ」に交わり、一揆の指導者である虚空や明治政府の動きの急流に飲み込まれて行く。
 とにかくこの疾走感。題材が重すぎて、読んでいて苦しくなるほどなのだけど、波瀾万丈の展開と登場人物たちの熱気で最後まで一気に読まされる。こんな破れかぶれだけど前向きな生き方。辛くて泣ける、陰惨でさえあるのに、惹き付けられる。
余計なこと:こうして明治維新を見ると、欧米列強の圧力に抗するための富国強兵策を取り入れること、下級武士達の自由な社会への憧れ、そして国学をベースにした幕府以上に反動的な尊王指向といった、バラバラで相反しさえする要素を無理矢理一つに束ねたものだったことが分かる。それ自体は歴史の中で仕方のない帰結ではあるけど、ねじれのしわ寄せは民衆に押し付けられる。こういう構造って変わらないものですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む