サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 光文社
  6. 光文社文庫
  7. 戦争と人間 1 運命の序曲 1,2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

戦争と人間 1 運命の序曲 1,2(光文社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.1
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/576p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-70097-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

戦争と人間 1 運命の序曲 1,2 (光文社文庫)

著者 五味川 純平 (著)

戦争と人間 1 運命の序曲 1,2 (光文社文庫)

670(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

戦争と人間 1~運命の序曲1、2~

756 (税込)

戦争と人間 1~運命の序曲1、2~

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

時代の空気がひしひしと伝わってくる

2018/01/02 10:45

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バブシュカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、かなり詳細な、盧溝橋事件、満州事変、張作霖爆殺事件、二・二六事件、南京事件、日米開戦等々の歴史的事実の記述と平行して、伍代財閥という、日産財閥がモデルと思われる架空の財閥の周辺のひとびとの物語が同時に進行する。場面は、歴史的事実の分析の部分とフィクションの章が明確に分離されており、たとえば、司馬遼太郎のように、すべてを辻褄のあったものがたりとして、構築しようというような意図は、著者の五味川純平にはない。五味川純平は、その時代に満州で従軍し、さらには、シベリアに抑留されたという経緯がある。「歴史」や「ものがたり」や「政治」に回収されることを意図的に回避したのだろう。よって、内容は、政治的問題を扱いながらも政治談議にならず、そしてまた、男女の恋の物語もロマンスに埋没せず、戦闘行為もナショナリズムや虚無主義に回収されることもなく、その時代の空気がひしひしと伝わってくる。推測するに、フィクションに回収することで、失われる事実の重みを著者は、尊んび、このような書き方をしたのだろう。たとえば、二・二六事件歴史的な事実の分析のこところなどは、僕などは、あまりの詳細さと、やるせなさと残酷さで読み進むのが非常に辛くなったが、フィクションの部分を通じて、その時代の空気、そして人々が伝わってきて、読み進むことができた。歴史的事実というのは、いまだに消化できないものも多々あるのだ。我々は、ただ事実として、そこに置いておくしかないようなものもある。そんなものを多々設置しつつも、我々は生きていくわけで、この部分は、望むと望まないとの関わらず、我々の営み、そして自体が進行していくのは、このフィクションの部分と重なる。この本を読んでいると、この「戦争と人間」をもとにして、いろいろな人がこの時代の物語を現代人に消化できるようにアレンジして、希釈化して、商売にしていることがわかる。あえて、そのような本については、ここでは述べないが、司馬遼太郎よりも五味川純平こそが国民作家と呼ばれるべきだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む